〈軽量 x 吸引力〉で掃除力をあげる ──《 Dyson Digital Slim™ 》

これが来てから、ごみほこりちりの吸引力に初めて満足できた!梅澤家の掃除力、うなぎ上りにレベルアップ。

Dyson のコードレスクリーナー《 Dyson Digital Slim™ 》のシリーズです。

〈軽量 x 吸引力〉コンセプトでたどり着いた。

徹底的に〈軽量 x 吸引力〉コンセプトで探して辿り着きました。

もともと、Dyson好きでも信奉者でも、なんでもありません(すみません。。)

《生々しいユーザー行動です》
※よきビジネスの参考になります(笑)

そもそも、コードレス以外ありえない (軽いこまわりきく)

MAKITAのコードレス掃除機の吸引力に不満 (もっとキレイに!もっと吸引力を!)

ネットでモータースペックが高いものを探すも〈軽量✖️吸引力〉のバランスがわからず

最寄りの《ヤマダ電機》へ視察

ずらりと陳列されるDysonコーナーを横目に日本メーカーで一通り探すも、軽量なものは吸引力が足りず

2人の店員さんに聞くと 「吸引力を求めるなら、圧倒的にDysonですね」
実際に店頭でためすと、

吸引力、すごい

他社の最軽量のものより重くとも、全体のフォルム設計により重く感じず使いやすい。このド紫とド赤のいかにもイギリス🇬🇧なデザインは押し出し強すぎで趣味ではないけど、コンセプトからすると⭕️

即買いしました。


使ってみたら、こんなことがよかった

使ってみたら、掃除がたのしい!これが一番の収穫。
それは楽にしっかりゴミが吸い取れて綺麗になるから。

あー、これもちっととらないかなー、っと今まで奥歯の奥に何かはさまってた感じ。細かいハウスダスト。

あれを、片っ端からぎゅんぎゅん吸ってくれて、スッキリきれいに。この快感で、掃除機かけまくってます(笑)

日本メーカー、残念。

できれば日本メーカーを応援したかった気持ちからすると、微かに残念ではありますが、自分基準は完全に満たされた。日本メーカー、細かい工夫はあるとおもえど、掃除機は吸引力や!という肝心がおさえられておらず、更には店頭ではどれがどこのものか、さっぱりわからなかったです😞

マーケティング(道理)とデザイン(かたち)は一体なのですね。
勉強になります。

INFO

Dyson Digital Slim™

ウェブサイト>

Dysonのコードレスクリーナーのラインアップは3シリーズあります。
最軽量でパワフル、パワフル、スリム。私が購入したもの(上の写真)は 、最軽量でパワフルの〈Digital Slim〉シリーズのうち《Dyson Digital Slim Fluffy Origin (SV18 FF ENT)》。

他にもハイスペックものありますが、基本はこれで十分かと思いました。必要に応じてツール増やせばいいし。


おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。