切り花と園芸のあいだで始められる室内で育てるばら─滋賀のローズファーム・《WABARA》

切り花でなく育てたい。
でも園芸はむずかしそう、、(やってみたいけど自分できるのか?!)

という気持ちに寄り添った《室内で育てるばら》。
ミーティングする時に「今日持って行きたいプレゼントがあるんです!」とSくんから運ばれてきました。

このまま室内でついてる蕾を咲かせることができます。
咲かせた後は、2回目のお花を目指して外植えで土に植えられます。

植物は好きだけどつい面倒見が悪くて育てるのが苦手な私だけど、まずこの子で面倒を見て花が咲いたら、次はもっとしてあげたいと自然にいけそう。(という予感!)

これは滋賀のローズファーム・WABARAさんの和バラのモニター販売です。
切り花生産者が一般的に使用する〈ミニプランツ〉というフォーマット。足元は土ではなくロックウールという岩石からできた繊維(安全で保水性が高く)だから、室内で管理しやすいというわけです。

特有の有機的で清楚なばらはとてもかわいらしい。
うちの母にみせたら、

「星の王子様のばらみたいね」

あ、似てる。

星の王子は、ふるさとの星のわがままでよく咳をするばら🥀とお別れをして、地球に来たんでした。

ところが、地球には、いっぱいばらがあった。

「自分のばらは特別なものと思ってたのに違ったんだ」

と悲しくなった王子さまにきつねがかけた言葉は

「心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。
かんじんなことは、目に見えないんだよ。
きみのバラが、きみにとってかけがえのないものになったのは、
きみがバラのために費やした時間のためなんだ。
人間は、このたいせつなことを忘れているんだよ。
尽くしたものに対しては、いつまでも責任があるんだ。
守らなきゃいけなんだよ。」


手にかけることを億劫がらず、少しずつ思い出していこう。


(栽培記録)

①1日目
②南側の窓際
③日当たり良好
④まだ水あげてません
⑤昨日よりつぼみがほころんできました。

#わばら栽培研究所

INFO

室内で育てるばら(仮称)のモニター販売
/WABARA

WABARAさんのばらは全てオリジナル。風に優しくそよぐ自然な姿は他にはない気品を感じます。

おすすめ

人気の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。