Skip to content

ブランディング

●「ブランディング」は、顧客と社内スタッフ、投資家への「セールス」

CI(コーポレート・アイデンティティ)やVI(ビジュアル・アイデンティティ)の設計において、収益構造とビジネスの流れをおさえずに、外側を飾るパッケージングとして行うことは、危険です。「ブランディング」は、顧客と社内スタッフ、投資家への「セールス」として機能していない時、失敗します。

なぜなら、収益性をあげる一貫したロジックとビジネス・サイクルが統合されていることがブランドの本質(付加価値)であり、専門家がつくった企業キャッチフレーズや、美しいロゴやビジュアルではないからです。

「ブランディング」だけでは、ビジネスは築けません。

 

● たった1枚の名刺でも、大きな意味がある。

収益性をあげる一貫したロジックがあり、言葉やビジュアルを効果的に活用される相手、ステップ、順番が明確である時、「ブランディング」は成功します。

その場合、たった1枚の名刺でも、大きな意味があります。

しかし「ブランディング」プロジェクトの多くは、このブリッジが曖昧なことで、ミスを犯すリスクを孕んでいます。これに気づけないと、クリエイティブへのコストは無駄になりかねません。

私どもは、あなたの会社が収益性をあげるロジックから逆算して、そのビジネスサイクルに貢献するCI・VIの設計・クリエイティブをおこないます。

顧客と社会の関係の中で、伝わりやすく・受け取りやすいだけではなく、利益を最大化する道筋が見えており、そこに効率的に組み込まれていることが、ブランディングにおいては大事です。

それにより、顧客・社内スタッフ・投資家への「セールス」として機能して、利益を最大化させることが可能になります。

その上で、ターゲット・オーディエンスに魅力的にアピールするクオリティの高い言葉やビジュアルを担保いたします。20年以上のクリエイティブ・プロデュースの経験から、国内外のトップレベルのクリエイターとのネットワークを持ち、彼らとの連携のノウハウを保持しています。


(活用機会)

  • ブランドのリニューアル

  • 新規ブランドのローンチ

  • 会社・事業改革


ブランディング 支援 前

■ 収益性を高めるサイクルとブランディングが分離。結果的に無駄なコストに。

  • CIやVIが、どのように顧客・社員・投資家に影響を与え、どこでどのような回収ができるか、定かでない。
  • クリエイティブ運用が、ビジネスサイクルの中で機能しない。
  • オリエンテーションとクリエイティブの成果に、ギャップを感じる。

ブランディング 支援を行うと、こうなります。

■ 収益性をあげるロジックから逆算して、そのビジネスサイクルに貢献するCI・VIの設計・クリエイティブ。利益が最大化。

  • 収益性をあげる一貫したロジックがあり、CIやVIの言葉やビジュアルを効果的に活用できる相手、ステップ、順番が明確になる。
  • ビジネスサイクルにおける、クリエイティブの機能や運用方法がわかる。
  • 社内で気づけない収益性モデル設計とクリエイティブのつながりが理解できて、CIやVIを活用できる。

スポットのご要望から、承ります。

あなたの会社が着手できてない領域から、ブランディング・プロジェクトをカスタマイズしてご提案します。また、ビジネスサイクルの観点から、ブランド化をおこなうサイクルや戦略の整理をおこない、強いブランドを根本から創っていきたい方は、下記のプロジェクトをご活用ください。

ブランド化 プロジェクト
ブランド化 強化企画


■ メニュー

【 CI 】

● ミッション・ビジョン・バリュー 策定支援

【 VI 】

● ロゴマーク

● デザイン・ガイドライン

● 企業ウェブサイト

● 会社案内ブロシュア

● 名刺

● 商品パッケージ

● ショップ・ショールーム空間

● 企業・商品 広告


 サービスに関するお問合せ


参照記事

①中からだと、収益性をあげるロジックに気づけない。
②ミスマッチが起きている。
③来ている顧客は、正しいか?
④統合化を行うと、収益性が高まる。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。