Skip to content

ブランド化プロジェクト

一時的なヒットやバズで終わらず、「強み」から収益性をあげる会社・商品・サービスのブランド化のベースラインを創るプロジェクトです。


(活用機会)

・既存ブランドの改革ポイントや戦略の整理
・新規ブランド立ち上げ


ブランド化プロジェクト前

■  施策を全体的に俯瞰する機会や基準・方法がない

  • 組織としての「強み」を客観的に洗い出して、ブランド化する機会が中々ない。

  • 現行のプロジェクトの実行が優先で、他のことは後回し。機会損失があるか不明だったり、利益を生み出す仕掛けや企画に手が回らない。

  • 広報ブランディングや営業・広告企画や効果は、経験値からの判断や工夫に委ねられることが多い。

  • ウェブサイトやSNSなど、効果のでるチャネル・ツールの選定やプレゼンテーションができていない領域がある。

ブランド化プロジェクトを行うと、こうなります。

■ 利益に結びつく、仕掛け・プレゼン・  仕組みづくりができる

  • 現状を把握し、個の力を超えて組織としての「強み」から
ブランド化ができる。
  • 
必要なプロジェクトに打ち込みながら、
着手できてない領域で、利益に結びつく広報ができる。
  • 強みを明確にして確実に伸ばすことで、
機会損失したり他社と比較されることなく
    利益に転換する仕掛けや企画ができる。
  • 広報ブランディング・営業・広告などの効果を
確認しながら運営し、改良発展できる。
  • 効果のでるチャネル・ツールを選定とプレゼンテーションができる。

 

「強み」を明確にして確実に伸ばすことで、
 機会損失したり他社と比較されることなく選ばれる収益性の高いブランドをつくる後方支援です。

予測と実態を完全一致させ、収益性を高めるロジック転換をおこなうスポットのプロジェクトから、承ります。

あなたの会社が着手できてない領域から、プロジェクトをカスタマイズしてご提案します。


メニュー
● 強みと価値を把握するヒアリング
● ビジネスモデル策定
● 戦略策定
● 広報チャネル・ツール情報設計
● 広報ガイドライン策定


 サービスに関するお問合せ


参照記事

①中からだと、収益性が上がるロジックに気づけない。
②ミスマッチが起きている。
③来ている顧客は、正しいか?
④統合化を行うと、収益性が高まる。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。