宮古島から海亀のリンリン石鹸が届きました!

月桃につつまれた石鹸🌿🐢🌊
宮古で神さまに拝んでから送り出してくださってるそうです。このお気持ち、見習いたい…。いや、見習います!

《 Happy エコアイランド プロジェクト 》代表の陣内 義浩さんとキヨシロー兄さん(あだ名)からのギフトです。

届いて私がすぐにしたことは、送ってくださったお2人と沖縄と海に感謝をしながら、雑巾掛けのお掃除でした!お掃除する気持ちは優しくなり、かんたんに軽く〈きれい〉になる…。必死にゴシゴシしてた私はなんだったんだ…?!

何回 雑巾をゆすいでも手が荒れない。
石鹸は、合成界面活性剤・香料・金属封鎖剤・保存料、無添加。洗浄成分は純石けん(純脂肪酸Na 95%)。

もちろん、それも大事なのだけど…。
使った人しかわからない不思議な感じ。海のお力を借りてる感じがするのだ。本当に。

陣内さんは、宮古に移住して以来25年間、海のダイビングガイドをしています。海の魚と話すうちに、これからの海のあるべき姿にきづき環境再生活動を始めたそうです。今はエコエネルギーの開発も進める起業家でもあります。

私は、2014年、沖縄に行った時にはじめて、日焼け止めが海を汚していることを知りました。それを知らなかったことが恥ずかしかったし、ショックでした。

それから、漁業をやっている友人を通して、いかに海が変わっているかを、事あるごとに聞いてきました。漁獲量も減り、良く見かけるのは近隣から流れてくるゴミやプラスチックの入った魚たち。

全てが繋がってる地球。生活者が優しい気持ちで求めること・買い方を変えることだけで、小さくても1つ1つの思いと行いが集まったら、めぐりめぐってまたきれいな海は戻ってくると思います。

海亀のリンリン石鹸は、手洗い、洗顔、お風呂、洗濯、お掃除と、きれいに変換することなら、なんでも得意。

石鹸を通して海への感謝をつなぎたい方は、Facebookページ《 Happy Eco Island Project 》へご連絡してみてください。
海亀リンリンのアイコンが目印!

Happy Eco Island Project
▼陣内 義浩さん
《 HAPPYエコアイランドプロジェクト》リーダー。環境再生活動家。ダイビングサービス海風(インカディ)代表。(株)アジア未来エネルギー開発機構宮古島 代表取締役社長。
海の魚達と対話し、海洋汚染の実態を目にし、これからの地球のあるべき姿に気付かされ海の環境保護に目覚める。
地球を平面にすると海が70%。陸30% 全ての大陸は島と同じと見えてその針の穴ほどの小さな島の宮古島から地球の海をきれいにすること目標を持って、2018年7月に『HAPPYエコアイランドプロジェクト(宮古島から世界の海を綺麗にするプロジェクト)』を設立、リーダーを務める。
2020年新年
自然の再生能力だけを使って地球環境をもとに戻すにはもう時間が足りないと確信し
自然の力+人間の科学力(魔法)を使った環境再生活動が必要と思い、環境再生活動家として活動開始する。
現在は、長として、今までの活動に加えて、
新たに、✨宮古島の植物と海洋漂着ゴミのみで作ったバイオエネルギーで化石燃料(石油)を使わず宮古島に
電力を供給し続けるリサイクルエネルギーシステムを開発中✨

雨で湿気がすごいです。

こういう日は 早めに切り上げて シュワーっと 。
(したいですね)
(ある日の回想)
(本体は最近いろいろで だいぶつかれてます…🥺)

私は糖質カットしてるからではなく、元もとビールはお腹がいっぱいになってしまうので飲めません。最後にビールを飲んだのは…かれこれ6年前?!でも炭酸はすっきりするので飲みたくなります。

そう言う時は、スパークリング・ワインかシャンパン。そういう方、多いのでは?!このシャンパーニュ《Paul Brehan 》は 品良く調和してて お手頃なお値段 おすすめです。

きました!

待ち焦がれていたバーミキュラのフライパン。鋳物ホーロー製フライパンです。素材のよぶんな水分を3秒でうまみに凝縮する(アルミフッ素より100倍早く水分が蒸発)するので、かんたんに美味しくできるらしい。


うちは24cmの深鍋にしました。
一緒に送られてきた立派なレシピブック📖のまず最初に出ている目玉焼き🍳と野菜いためをつくってみたらば…

えっ ここまで変わる?

いつもと同じ卵が、フライパンひとつで最高の朝食に変わってしまった…
予想してた仕上がりを遥かに凌駕。黄身はとろりとリッチ 白身は均一にふんわり 裏はカリッとクリスピー 一流のお店のよう!←まったく盛り、ありません。

食べる手も、ゆっくりと寛ぎました。

料理が終わったフライパンは、丁寧に洗い拭いて…。 見た目も美しいのも好きだけど、くらしが幸せにすることを、ちゃんと考えて、ちゃんと作られたフライパンだから、自分の所作も変わるんだろうなあ。

そして、(これも本当に)もっとお料理したくなった!
これから新しく家庭を持つ方がいれば、このフライパンひとつ差し上げたいと思いました。

ちなみに まだお鍋だけを作っていたバーミキュラ製造会社、愛知ドビーの土方社長にインタビューしたことがあります。

印象的だったのは、お父さまから会社を継いだ動機。「小さい時から、家族のように可愛がってもらった工場長のこうべが項垂れてるのを見て、なんとかみんなをまた幸せにしたかった」と語ってらした。 前の世代から引き継いだ工場も、当時、新しく撮影のためにつくったキッチンも見せていただきました。

ユーザー、お取引先、社員たち。 みんなの幸せのために、という姿勢を隅々に感じました。その時から鍋を欲しいな、と思ってたんだけど、うちには他にもたくさん鍋があるので、お迎えできるベストタイミングを待っていた。

どんな方が、どんなところで、どのように作っているか。その現場は、わたしたちにとって幸せとはなにかを物語ってくれます。

INFO

バーミキュラ フラインパン
公式HPはこちら>

予約から2ヶ月たらずで届きました。

東京・白金台の庭園美術館の入口にある《cafe TEIEN》で、打ち合わせしました。 テラス席なら密を気にしなくていいのが安心ですよね 。

この日はちょうど、雨の合間の晴れの日だったので、サンサンとお日様を浴びて、煌めく緑まぶしいお庭をヒラヒラと蝶々が舞ってて、気持ちよかったです。

密対策だけじゃなくて、こういうところで話すとコミュニケーションもよいリズムになる。良い雰囲気で話したり、クリエイティブな企画会議をするにはおすすめです。クリエイターの方にも、クリエイターとのミーティングにも良いです。

会議なのにゆったりして、白金台駅にむかってたら、なんと20年振りの友人にばったり遭遇して感動の再会をしました。自然のリズムに心身があって1/fのゆらぎが生まれると、いい偶然が起こります。

INFO

《cafe TEIEN》
https://www.teien-art-museum.ne.jp/cafe_shop/cafe.html

庭園美術館は旧・朝香宮邸のアールヌーヴォー建築が有名です。時間があれば立ち寄ると優雅な気分に。自然を求めるなら、隣の目黒自然教育園へ。

東京・青山一丁目にある呉服店【青山八木】さんで開催中の《 牧山 花 織物展 》にうかがいました。自粛期間中、生で美しいものをみたくて心から楽しみにしてました。

どこまでも、薄くやわらかく軽い夏の着物。天女がまとうに相応しい透明な空気がただよいます。ひとたび、人が纏えば、その美しさを引き立てることに奉仕する無私の清らかさを感じます。

縞から、最近増えてきた無地まで、全部で12点の反物は、1点仕上げるのに1ヶ月かかるため、丸1年分の作品です。 コーディネートする帯によって、まったく表情が変わります。これは八木さんが、あえて、産地、糸、織り方、まったく異なるものをあわせてるそうで、毎日変えてるとか。

青山八木さんのインスタグラムでは、毎日のコーディネートを動画でみられます。

花さんが作るのは夏の着物の反物のみです。素材は、絹と麻の天然素材、染めは草木染めによる天然染料を用いて、デザイン、染め、織りの工程まで、すべて一人で行ってるのが特徴。 洗練をきわめるまでにも、歴史がありました。

花さんは、京都で染色を勉強してから、宮古にわたり3年間 宮古上布の技術をマスター。1年間、ヨーロッパからアジアを旅して後、2000年から湯河原に住まい、テキスタイルアーティストとして活動してました。

ここから先は、八木さんからうかがった話です。一転、彼女かきものを作り始めたのは2006年からでした。はじめて八木さんが花さんの織物をみせていただいた時には、まだ硬く重い生地だった。

その次に、花さんが八木さんのもとにやってきたのは、それから3年後。最初の織物から驚くほど進化していました。そこからお取扱がはじまります。

きものを作り始めた最初の生地からすべてのアーカイブを保存していた花さん。去年《箱根菜の花展示室》では、10年の反物100点を展示。初期からご存知の八木さんは、感無量だったそうです。

作り手の年月とともに完成した美しい織物。

青山八木さんの展示は、あした6月20日(土)まで。12時から午後7時までです。今日あしたは花さんも在廊されてます。捉えどころのない美しさについて思いを馳せる前に、ぜひ美しいもの、そのものに触れてください。

八木さん、いつも色々教えてくださってありがとうございます。

八木さんが教えてくださった着物のあれこれ

──その一 // 最初の着物は、春、夏、秋、冬、季節ごとに、ベストコーディネートの一式ずつを揃える。一見、最も無駄のようだけど、最終的にも最も楽しく・効率的にコーディネートできるようになる。

例えば「色々な着物に合わせられる帯を」と汎用的なアイテムを選ぶと、結局、どの着物にもそこそこ合うけど、無難なものになりつまらない。

最高のコーディネートをワンセットがあると、「この組み合わせがしっくりハマる」という自分のコーディネートの感度も開いてくる。持っているセットが増えていくと、やがてそれぞれの間でコーディネートができるようになっていく。

──その二 // 失敗はして良い。色々きてみる中で、コーディネートを失敗をすることもある。それが何故かがわかることが大切。わかれば、次に正せば良い。それをわかるのは「自分」。自分の中の「美しい」と感じる感度をあげることだけが大事。逆に人に言われることは、全く気にかけなくて良い。

──その三 // 着る人を引き立てて、美しく見せるのが着物。作家が作りたいもの、主張があるものは、そうならない。

プロダクトデザイナーのロス・ミクブライドさんと、パートナーの円さんが運営する《 normal 》のスタジオビジット。

《 normal 》といえば、腕時計。

今回は、そこから更に広がるビジョンとプロトタイプを見せていただきました。

ロスさんはコンセプトとプロダクションクオリティの両方に強く、とにかく作るのが大好き。ロスさんをマネジメント面でささえる円さん。

千駄ヶ谷にあるクリーン&リーンなスタジオはクリエイターの憧れですが、途中12歳の娘さんがご飯をねだりにきたり、おふたりの人柄ままのあたたかさを感じました。

美しいデザインと誠実なコミュニケーションにリスペクトです。なんだか自分も整いました。


もう肌はファンデなしで、これだけでいいかなと思ってしまってます。
BISOU(ビズゥ)のエンハンシングスティック。

スティックだけで、その日なりの肌色を活かしてアップグレードしてくれる道具。教えてくれたのは、MEN’S NONOなどで活躍してるヘアメイクのNobukiyoくん。(かれこれ、7年ほど、私の髪毛を全面的にお任せしています)

プロだけに、女子と違ってコスメの評価は成果重視のニュートラルですが、絶賛でした。とはいえ、素人の私がハンドリングできない難しいプロダクトでは使えない。思いきや、とても簡単たでした。

何せ、ちょちょちょ、っと、スティックをアプライするだけ!
素肌の正直な色が、剥きたての卵のように透明でつるん。

肌質があがる不思議。
何かをアプライした様に見えない不思議。
素肌まんまのようなピタッと感が不思議。

時間が経って馴染むほどに際立ちます。
パウダー異りません。

単色でファンデがわりに、もしくはコンシーラにできますが、
私の個人的おすすめは、2色使い。
自分のベースの色(首と同じ色)を1本、ハイライトかシェーディングの色を1本。

とてもなめらかに立体感が仕上がります。
ケータイ撮影ですが、こちら仕上がりご参考ください。

これは

✔︎ ベース→アンバー
✔︎ ハイライト→ローズクォーツ

でコントゥアリングして仕上げてます。

今、私の肌はわりと焼けてるので、シェーディングするなら、ブラウンクリスタルがちょうど良い感じ。秋冬は、ベースがクリスタルかな。作り込んだ肌より、抜け感がいい。でも手抜きではなくキレイに仕上げたい方におすすめです。

あと、メンズメイク。髭隠しにも良いですね。

作ったのは、メイクさんからこよなくリスペクトされてるメイクさん──yUKI TAKESHIMAさん。

肌を知り尽くした方からだからこその発想なんだろうなあ。
最近インスタライブなどもやられてる、その姿を拝見すると、アーティストとして一流なのはもちろん、とても誠実なお人柄。

ウェブから、SNS から、届いたパッケージから、リーフレットから、隅々までyUKIさんの目が行き届いてる丁寧さとクオリティ。
彼女のつくるプロダクトなら信頼できると、すっかりファンになってしまいました。

✔︎ yUKI TAKESHIMA
instagram
website

✔︎BISOU
BISOU Enhancing Stick

今日はまるでハワイのような夏日でした。
太陽の光が、木々の葉の裏にあたり反射でキラキラと。綺麗です。

光を浴びると肌でビタミンD3が生成されます。これが、免疫調整と感染反応を抑制すると、最近よく知られてきました。

さらには、ウイルスや癌を退治するNK細胞やT細胞を活性化するという研究も出てきています。

✔︎ インフルエンザを予防 (東京慈恵会医科大学)
✔︎ 筋肉の強度を高めて転倒を予防 (ハーバード大学公衆衛生大学院)
✔︎ 不足によりがんのリスクが増加 (国立がん研究センターほか)
✔︎ ビタミンDとカルシウム不足で糖尿病のリスクが増加 (厚生労働省研究班

などなど。
可能性ばかりなのです。

世界各国の宗教・信仰には、かならず太陽があります。
共通して、プラーナ〈生命力〉をとりいれるために、朝一番の太陽を拝みます。 中には、健康な王家の子孫を残したり、ヨガやシャーマンのメソッドには、とっても具体的に、日光を口に含んで〈食べる〉ことで健康をあげる方法まであるんですよ。これ、私もやってますが、実際ホカホカしてエネルギーが満ちるのです。

科学と古代の智恵からすると、免疫をあげるには家の中にいるのは逆効果なんだけどな。

しかし、恵みをもたらすものには、かならずリスクも伴います。 現代の科学でも、ビタミンD 3生成やNK & T細胞活性を狙うなら、ガラス越しもサンスクリーンも✖️。 光線過敏症の方は悪化するので避けたほうがよいですし、皮膚がんなどのリスクもあるので、うまく自分に合ったバランスにきづき、取り入れることが必要ですね。


前回に引き続き、外に出かけてアートを楽しむ時に役に立つ道具を紹介します。
展覧会やライブにいく時に、はたまた歴史文化のある場所を訪ねる時に、もちろん日々の生活にもお役立てください。


新型コロナウイルス対策で、中国政府機関が、ダチョウ抗体を配合したダチョウマスクを30万枚注文されたことから、ダチョウ抗体は、数々のメディアに取り上げられて認知されてるかと思ってましたが・・・

意外と「知らなかった!」とか、他のコロナ予防ものとの違いをいまいち把握されてない方も多いようです。それは、もったいないのでご紹介をします。ステマなしです。

これから外出・流通が復活してくる中、たくさんの「感染予防」を謳った商品があります。 ですが、具体的かつダイレクトに予防力をあげられる今のところ唯一の期待ができるのは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を不活性化して感染抑制を目的とするダチョウ抗体です。

ダチョウが身体に宿す〈抗体〉(体内に入ってくる細菌やウイルスに結合し、体内から除去する分子)を卵から抽出して、マスクや飴に含ませ、感染症予防つなげる。 そんな独自の取り組みをしているのが、開発者の塚本康浩 教授(京都府立大学学長)。

ちょうど明日(6月7日)の『情熱大陸』が、塚本教授特集なので、ご興味ある方は、そこで詳しく学べると思います。

▼京都府立大学学長 塚本康浩氏
https://www.kpu.ac.jp/contents_detail.php?frmId=7688

▼情熱大陸「塚本康浩(京都府立大学学長)/人生をダチョウに捧げる男!新たなウイルスへの予防策を模索」
2020年6月7日 (日) 夜 11時00分(23:00)〜
https://www.tbs.co.jp/tv/20200607_6769.html

なぜダチョウ?

ダチョウは、200万年前から、ほぼ姿を変えてない地球上最大の鳥類。 なんと病気で死ぬことがほぼない!驚異的な免疫力と 回復力を持っているのです。

その生命力と卵の大きさ、産卵量(卵は約1.5㎏、鶏卵の25~30倍、年間100個 程度産卵)に着目。

✔︎ ダチョウに無害化した抗原を投与して抗体を生成
✔︎ 抗体を含んだ無精卵からダチョウの命を犠牲にすることなくスピーディーかつ質のよい抗体を抽出
✔︎ 他の動物でつくられる抗体の約4千分の1のコストで精製

これが、ダチョウ抗体です。

真ん中の一番大きいのがダチョウの卵。

熱や酸性、アルカリ性どちらにも強く、共同研究をしているジールコスメティックスとともに、いろいろな製品への活用チャレンジをされています。

塚本教授は、子供の頃から無類の鳥好きだそう。
「ダチョウさんの力を借りてる」とおっしゃるように、ダチョウの強さである抗体を命を犠牲にすることなく役に立ててるのも、良いですよね。

新しいコロナウイルスの遺伝子配列をみて生まれた《 V BLOCK SPRAY 》

《 V BLOCK SPRAY 》は、中国をはじめとした世界各国の政府機関などからの依頼を受けて作られたそうです。 教授が今年の2月に語ったところによると「今回、新しいコロナウイルスの遺伝子配列が発表されたことにより、どこが重要なのかがわかりました。

「コロナウイルスにはSタンパクという突起があるのですが、その突起部分のアミノ酸の配合が遺伝子配列を見ればわかるので、合成ペプチドをつくって、その突起のSタンパクに対する抗体ができれば、新型コロナウイルスが体内に入っても、ヒトの細胞に取り付けないため、感染が成立しなくなるのです」

塚本 教授 談:ビジネス・ジャーナル/2月14日

そして、本当にその1ヶ月後。

3月9日に、新型コロナの一部を模した抗原をダチョウに注射し、新型コロナ用に新たな抗体作りをした新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を不活性化して感染抑制を目的とする《 V BLOCK SPRAY 》が発売になったのです。

ダチョウの抗体ができるスピード、すごいです。

▼【感染抑制】新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を不活性化するダチョウ抗体*スプレーの開発に成功
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000053415.html

我が家の使い方


《 V BLOCK SPRAY 》は、日常よく触れるドアノブやスイッチ、リモコン、キーボード、携帯にもかけます。24時間もつので、毎朝の日課ですね。

ちなみに、ヤフオク、メルカリ、Amazonの転売は、非正規ルートでご購入されたもので、品質保証されないのでお気をつけください。

公式オンラインショップ ATPROTECTが安心でしょう。

皆さんの家族も安全に守りましょう!


我が家に来てるケアマネさんや介護士さん。自粛期間も毎日欠かさず来てくれました。本当にありがたいです。

廻ってる家に入る前・入った後に、毎回アルコール除菌してて、手の肌がガサガサで爪が溶けてボロボロ落ちてくるそうな。

摘発性があるアルコールは、手荒れだけでなく、手の常在菌までとってしまうという心配もあるとおっしゃってたので、うちで使ってる自然素材だけで作った除菌液《ディフェンドウォーター》を教えてわけてさしあげました。

うちは犬もいるので、動物に優しく万が一 口に入っても大事ということ、業務クオリティでバイ菌・カビ菌を除菌できるという観点でたどり着いたのがこちら。

植物最高ランクの抗菌成分であるグレープフルーツのエキスを製剤化した

✔︎ ノンアルコール
✔︎ ノン次亜塩素酸
✔︎ ノン化学薬品

なんですが、

アルコール消毒で除菌できないノロウイルスは、10分で不活性化。(食品分析センターで実証済)

O157、大腸菌、サルモネラなど基本的なバイ菌類カビ菌などは10秒で不活性化。多くの菌類に対応する除菌で、業務レベルの機能がたのもしい。

我が家では当初、

✔︎ ハンド除菌
✔︎ 電気スイッチ除菌
✔︎ リモコン除菌
✔︎ 拭き掃除 全般
✔︎ 野菜の洗浄・除菌
✔︎ スマホ・タブレットの拭き取り除菌コーティング
✔︎ 犬の粗相の拭き取り

につかってましたが、
今では

✔︎ 加湿器にいれて空間除菌
✔︎ 洗濯時にいれてタオルやベッドリネン、衣類の除菌
✔︎ 調理器具とキッチンまわり
✔︎ 生け花の水にいれて腐敗菌除菌で日持ち向上

など広く使ってます。
除菌グッズが品薄とか売切れといいますが、あれこれ買わなくても、これひとつで安心安全な抗菌ライフできます。

私のユーザー目線に加えて確認したいこともあるかと思い「除菌相談の電話もうけつけてるから、気になったらきちんと情報を聞けますよ」

と教えてさしあげたら、プロの方としても安心された模様。次のシフトにお会いした時には、これで爪も回復したと喜んでいらっしゃいました。よかったです。

こういうものって、高すぎると毎日使えないんだけど、業務用ボトル4Lで希釈して、使いまくっても1年は余裕で持って安心安全だからコスパもいいと思います。だから、ステマじゃなく、ちゃんと良いものを合理的に選びたい人に知って欲しいものです。