これは… 美味しいです!

19種の遺伝子検査をしてから、食べ方をアップデートしてます。全50ページにわたる分析とアドバイスがこの上なく有益で、すべての人にお勧めしたい!(特に赤ちゃん)これは、今度改めてご紹介することにして…

補強してるレシピで美味しかったものを、シェアします。

✔︎ タンパク質を摂りたい方
✔︎ 油を分解できる体質


の方にお勧めです。

●【用意するもの】

✔︎ 豆腐… 一丁 ※  今回は島豆腐を使用
✔︎ ズッキーニ… 2本
✔︎ 発酵バター(無塩)… 大さじ2くらい
 ※  今回はエシレバターを使用
✔︎ 味噌… 大さじ2くらい
  ※  今回は信州味噌を使用
✔︎ 酒… 大さじ2くらい

以上、目分量でやってるので味ベースで調整してください。

●【作り方】

①  豆腐、ズッキーニを食べやすい大きさに切る。

✔︎ ズッキーニ:
 ⇨ディフェンド・ウォーターで希釈した水に5分ほどつけた後に洗う。
 ⇨味がしみるように、ピーラーで、3~4筋 皮を剥く。
 ⇨その後に、1センチ厚さに切る。

✔︎ 豆腐 :
 ⇨5センチ角、1センチ厚さに切る。

②  酒で味噌を溶いてあわせる。
③  大さじ1(半分)のバターをフライパンに入れて、中火でズッキーニを焼く。焼き目がついたら、外に出して置いておく。
④ 残りのバター(半分)をフライパンにいれて、中火で豆腐を焼く。焼き目がついたら、ズッキーニを戻しいれて、②を全体にからめる。

できあがり!
お好みで、白ゴマや胡椒をふっても美味しいかも。

●【うつわ合わせ】

器は、原田  護(はらだ ゆずる)さんのものを合わせました。 豆腐とズッキーニとぴったりの薄い黄色でうれしいです。

レリーフ式に吉祥模様が刻印されている〈印花〉という手法は、中国の唐末期~北宗にかけて宮廷におさめる焼き物をつくる「定窯(ていよう)」という釜でつくられた白瓷(はくじ)をうつしたシリーズです。

原田さんの焼き物は大好きで何枚も集めて、日常につかっちゃってます!一番のお気に入りの牡丹模様のこちらは、昨年5月の益子陶器市でご本人から購入しました。

笠間の《 回廊ギャラリー 門 》では、常設であつかってらっしゃいます。
今年は益子の陶器市はネット開催だけで残念ですが、車でお出かけの際には、寄ってみてください。すてきな場所です。

※ 原田さんの作品は 弊社運営のMOIKA GALLERYでは扱ってません🙇‍♀️ 好きな作家さんとギャラリーをご紹介したく載せました☺️

INFO

《 回廊ギャラリー 門 》
オフィシャルサイト>

落ち込んだ時や疲れた時、どうしてますか?
先日久々そうなった時に作ったオキシトシン・ノート。

身近な友達〈わたしがいて、良かったこと、役に立ったこと、感謝を感じたこと〉を教えて~。と頼んで、教えて貰った内容を書きました。

これ、すごく勧めたい。
もらった内容は、え?そんな風に思っててくれたの?!と、うれしい驚きを持って読めることばかり。ここまでは、この褒め言葉、気持ちよいーってドーパミン。

しかし、あまりにうれしかったので、その友達にも、私から〈あなたがいて、良かったこと、役に立ったこと、感謝を感じたこと〉を返しました。

それを思い返すのが、またうれしい作業で、文字通り心があたたかくなりました。ここから、オキシトシンがじわじわ出てきた。

オキシトシンは、究極の幸せホルモン。
母乳がでるとき 動物をなでる ハグやスキンシップ 青空を見上げる
など、無条件に受け容れあう時に出ます。この〈母性〉的な愛は、男女問わずあわせもつもの。

これがベースにあると、家族関係、パートナーシップ、チームワーク、あらゆる関わりがうまくいくそうです。女性ホルモン、男性ホルモンは、無差別にモテるけど、幸せとは別。

ホルモンは、分泌コントロールができません。自然に無条件愛を感じる貯金が積み重なっていった時に、じわじわ出始める。オキシトシンいっぱいのおばあさんになろうっと👵

愛の言霊を書き綴るのに、仕事用につかうモレスキンではなく、新しいノートをつくろう!と探して、ぴったりなものを見つけました📒

PONT-NEUFのラベンダーとピンクのノートです。


ラベンダーは、中ページがピンク。 ピンクは、中ページがイエロー。紙ざわりもしっとりしてて心が穏やかになる。インクをじわっと吸うから大事に字を綴ります。

PONT NEUFはオンラインショップもあるし、東京なら代官山TSUTAYAで手に取ってみられます。

7/14 – 21は、表参道のスパイラルで〈SUとゆかいな仲間たち〉ショーケースで出展もしてるそうです。 SUって私の事じゃないですよ~(笑)

INFO

PONT NEUF
オフィシャルサイト
オンラインショップ

日本の質の高いモノづくりスピリットと文脈性のあるアートア、ファッション、クラフトに対する感性を融合した文具ブランド。特殊印刷に強い印刷会社・河内屋のハウスレーベルなのでハイクオリティです。

最近は、もっぱらZoomの打ち合わせが増えておりますが、外に行った時には

・密にならない
・気がよい
・すなわち打ち合わせが捗る

場所は貴重です。そのうちの1つが、東京・白金台の庭園美術館にある《cafe TEIEN》。先日も、打ち合わせしてきました。

庭園美術館には、《cafe TEIEN》が2箇所あります。オケージョンにより使い分けてます。

当日はちょうど、雨の合間の晴れの日だったので、美術館正門横にあるレストラン《cafe TEIEN Du Parcのテラス席に行きました。テラスだと密を気にしなくていいのが安心ですし、サンサンとお日様を浴びて、煌めく緑まぶしいお庭をヒラヒラと蝶々が舞ってて、気持ちよかったです。四季のお花が愛でられるのも、リフレッシュしますね。今ですと桔梗と紫陽花が見頃です。

雨の日は、庭園美術館・新館1Fにある《cafe TEIEN》の方に行きます。ここは、天高があって、庭園に面してガラス張りになってるのでのびのびします。(こちらもテラスがあります)東京というより、フィンランドにあるカフェに似てる〈気〉を私は感じます。

庭園美術館は、東京でいくべき美術館の1つです。

ご存知の方も多いと思いますが、この館は旧朝香宮夫妻の邸宅。1933年に建造されており、インテリア装飾が全てアール・デコ様式(※ 註1)で統一されていて、極めて優美です。

大学時代に学芸員資格をとるために「博物学実習」という授業を受けていて、ほぼ毎週、どこかの美術館に行っては、レポートを書いてる時期がありました。当時、課題に出たことで知ったのが、この庭園美術館でした。初めてエントランスのルネ・ラリック(※ 註2)のガラス扉を見た時の衝撃は忘れられません。

新館は、現代美術家の杉本 博司さん(※ 註3)がアドバイザリーに迎えてデザインされました。アール・デコ本館から新館へつながる廊下を経て、ミニマルなデザインのホワイト・キューブ(※ 註4)の展示空間をもつ、より現代的でフラットなスペース(※ 註5)になっています。

※ 註1)アール・デコ様式
アールヌーヴォー様式に続き、1910年代から30年代にかけてフランスを中心にヨーロッパを席巻した工芸・建築・絵画・ファッションなど全ての分野に波及した装飾様式。合成樹脂、鉄筋コンクリート、強化ガラスといった新素材、大量生産が特徴。用と美との両立を目指し、直線と立体の知的な構成と、幾何学的模様の装飾をもつスタイルが徐々に確立された。

(※ 註2)ルネ・ラリック
ジュエリー・デザイナー、ガラス工芸家。アール・ヌーヴォーの時代にジュエリーを手がけていた頃から、貴石に代わる新素材としてガラスを用いていたラリックは、20世紀に入ると、芸術性と実用性・量産性を兼ね備えた型押技法や型吹き技法で、アール・デコのガラス工芸家としての絶対的な評価を築いた。朝香宮邸のためには正面玄関ガラスレリーフ扉をデザイン。大客室と大食堂のシャンデリアとしてそれぞれ《ブカレスト》、《パイナップルとざくろ》を提供している。

(※ 註3)杉本 博司
1948年東京生まれ。1970年に渡米、1974年よりニューヨークに移り写真制作を開始。「劇場」「海景」などに代表される作品は、明確なコンセプトと卓越した技術で高い評価を確立し、世界中の美術館に収蔵されている。2008年には建築家・榊田倫之とともに建築設計事務所として新素材研究所を設立。古代〜近世の素材や技法を研究し、現代における再解釈と再興に取り組んでいる。

(※ 註4)ホワイト・キューブ
(※ 註5)現代的でフラットなスペース

「白い立方体」の空間。1929年に開館したニューヨーク近代美術館(MoMA)が導入し、展示空間の代名詞として用いられる。公共性に支えられた近代の美術館制度が制度としての「美術」を存続させるためには中立性を担保する象徴的空間が必要であり、何もない空間ゆえの可変性と柔軟性を特徴とするのは、近代美術が鑑賞体験の純粋性を追及したゆえである。



こういうところで話すと、初見の人とでもすぐにコミュニケーションがよいリズムになります。自然があるのが大事ですね。自然のリズムに心身があって1/fのゆらぎが生まれると良い雰囲気で話せるのだと思います。会議の内容もクリエイティブに展開します。

いい気分になって白金台駅にむかってたら、なんと20年振りの友人にばったり遭遇して感動の再会しました。1/fのゆらぎは、よいご縁ももたらしてくれると思います。

INFO

《cafe TEIEN》
ウェブサイト>

庭園美術館・本館のアール・デコは時間があれば立ち寄ると優雅な気分に。庭の散策も気持ち良いです。なんと言ってもよくお手入れされた芝が素敵ですが、実は茶室と日本庭園もあるんですよ。より生の自然を求めるなら、隣の目黒自然教育園へ。

《cafe TEIEN》は、青山にある《ロアラブッシュ》(ここも1933年建築)と同グループ運営です。2000年くらいに籍を置いてた会社のボスに、よく連れて行ってもらってシャンパンを飲んでました。

プロダクトデザイナーのロス・ミクブライドさんと、パートナーの円さんが運営する《 normal 》のスタジオビジット。

《 normal 》といえば、腕時計。

今回は、そこから更に広がるビジョンとプロトタイプを見せていただきました。

ロスさんはコンセプトとプロダクションクオリティの両方に強く、とにかく作るのが大好き。ロスさんをマネジメント面でささえる円さん。

千駄ヶ谷にあるクリーン&リーンなスタジオはクリエイターの憧れですが、途中12歳の娘さんがご飯をねだりにきたり、おふたりの人柄ままのあたたかさを感じました。

美しいデザインと誠実なコミュニケーションにリスペクトです。なんだか自分も整いました。

INFO

normal timepieces
オフィシャルサイト>

名前の通り「ノーマル(日常)」を多様な視点で追求した時計ブランド。米国生まれ、東京在住のデザイナー/ロス・ミクブライドが2006年に設立。アメリカのミッドセンチュリーモダン、日本の職人技によるミニマルデザインに多大な影響を受けた時計は、つけた人自身の繊細で微妙な美しさを引き出してくれます。


もう肌はファンデなしで、これだけでいいかなと思ってしまってます。
BISOU(ビズゥ)のエンハンシングスティック。

スティックだけで、その日なりの肌色を活かしてアップグレードしてくれる道具。教えてくれたのは、MEN’S NONOなどで活躍してるヘアメイクのNobukiyoくん。(かれこれ、7年ほど、私の髪毛を全面的にお任せしています)

プロだけに、女子と違ってコスメの評価は成果重視のニュートラルですが、絶賛でした。とはいえ、素人の私がハンドリングできない難しいプロダクトでは使えない。思いきや、とても簡単たでした。

何せ、ちょちょちょ、っと、スティックをアプライするだけ!
素肌の正直な色が、剥きたての卵のように透明でつるん。

肌質があがる不思議。
何かをアプライした様に見えない不思議。
素肌まんまのようなピタッと感が不思議。

時間が経って馴染むほどに際立ちます。
パウダー異りません。

単色でファンデがわりに、もしくはコンシーラにできますが、
私の個人的おすすめは、2色使い。
自分のベースの色(首と同じ色)を1本、ハイライトかシェーディングの色を1本。

とてもなめらかに立体感が仕上がります。
ケータイ撮影ですが、こちら仕上がりご参考ください。

これは

✔︎ ベース→アンバー
✔︎ ハイライト→ローズクォーツ

でコントゥアリングして仕上げてます。

今、私の肌はわりと焼けてるので、シェーディングするなら、ブラウンクリスタルがちょうど良い感じ。秋冬は、ベースがクリスタルかな。作り込んだ肌より、抜け感がいい。でも手抜きではなくキレイに仕上げたい方におすすめです。

あと、メンズメイク。髭隠しにも良いですね。

作ったのは、メイクさんからこよなくリスペクトされてるメイクさん──yUKI TAKESHIMAさん。

肌を知り尽くした方からだからこその発想なんだろうなあ。
最近インスタライブなどもやられてる、その姿を拝見すると、アーティストとして一流なのはもちろん、とても誠実なお人柄。

ウェブから、SNS から、届いたパッケージから、リーフレットから、隅々までyUKIさんの目が行き届いてる丁寧さとクオリティ。
彼女のつくるプロダクトなら信頼できると、すっかりファンになってしまいました。

✔︎ yUKI TAKESHIMA
instagram
website

✔︎BISOU
BISOU Enhancing Stick

インディペンデント なブランド運営も新しさを感じます。

10 (テン)代表・アートディレクターの柿木原 正宏さんが、ご自身のFacebookで「最近気になっていた、レベルアップという言葉に対する違和感について書いてみました。」とアップされてました。

計算できる何かより、ふつうの感覚や気持ちを大事にデザインする — 10 柿木原政広

Via: AdverTims

1分で読める凝縮された記事で、とても等身大のシンプルな言葉で分かりやすい。それでいて、すごくビジネスの本質をついた奥行きのある内容でした。(こういうところにも、柿木原さんのデザイナーとしての素晴らしい資質が出ていると思います。)

柿木原さんがご自身で展開されてるカードゲーム《ROCCA》
10 indで手がけたCITIZENのEco-Drive One広告

柿木原さんはデザイナーという立場から、「仕事をする際に、どこに焦点をあてるかで、仕事の奥行きやスケールが変わり、結果が変わる」という普遍的だけど、けっこう見逃されてる事実をシェアしてくださってると思います。

柿木原さんの場合は「自分がレベルアップしたい」に焦点をあてるのではないそうです。

自分はデザイナーである、として、「デザイナーはデザインを通じて、人と人との気持ちをつなげたり、いい気持ち、新しい気持ちになってもらうことを目指すのが仕事」と定義しながら、「僕はふつうの人の気持ちや感覚を持っていることを大事にしたいし、ずっとその場所で生活して、感じて、デザインしたい。」と、率直にどうありたいかを書いていらっしゃいます。

だから、「仕事するときはそのためには、すぐにお金になりそうなこと、結果を出せそうなことに飛びつかない慎み深さというか、慎重さが大切になります。目の前にいる人の気持ちを考えながら、すぐ数字になることではなくて、将来いっしょに心から気持ちいい時間を過ごせるような仕事を考える。」

焦点を当ててるところが、「自分が名を馳せたい」「すごいと言ってもらいたい」ではなく、仕事をする自分も相手もその先のオーディエンスも含んだ「空間」(=気持ちいい時間を過ごせるような仕事を考える)。

頭での理想ではなく、これがシンプルに徹底してるから、柿木原さんは、グラフィックデザインを通して、ものすごく広い視野で、ビジネスや顧客体験の設計ができるんだなあ、と思いました。

実は、私がYCAM20周年事業のPR支援をさせていただいた時に、柿木原さんがADで入られていて、ご一緒させてただいた経験があります。その時、差し出がましいながら、10(テン)さんのロゴとVI設計には、ロジックとビジュアル力の両方が10点満点(正に会社名通り!)あってすごいな。と思いました。

柿木原さんの記事を読んで、お仕事を身近で拝見した体験があるだけに、深く納得しました。

柿木原さんは、ロジック、ビジュアルと揃ったところに、お金に関する考え方や人間関係の構築など、人格においても健全で信頼できる方ですが、これはビジネスしてると意外とすごく少ないです。でも、ちゃんと存在してます。人格が優れているまでいかなくとも、ごく一般的な配慮や関係づくりができる人材いる会社や事業が上手くいくのは、意外とその辺だけでもしっかりできる人材が少ないという理由かと思います。話ずれましたけど。

私も、精進します!

梅澤さやか
株式会社KAFUN 代表取締役