持続的なビジネスのために。『あなたの脳タイプの傾向と対策』知ってますか?

単刀直入にいいます。複雑で多様な社会変動に対応したり、情報社会に振り回されずに、持続的で質の高いビジネスを保つには、何より先にあなたの脳タイプの傾向と対策』を知ることが必須です。何故なら、あなたの脳タイプにとってリスクの高いストレスを受ける状況を「仕方ない」「どうしようもない」と諦めていることで、突然の疾患で仕事が出来なくなったり、どんどんパフォーマンスが落ちて良い仕事が出来なくなるケースも散見するからです。

ビジネスリーダーや経営者の方でスキルの高い方ほど、カラダの内側のリスクに気づかないままスキルでカバーしてしまい日々のストレスを見過ごし、ある日突然、発症。毎日治療のことを考えなくてはいけない。そんな方もいらっしゃいます。

逆に言うと、あなたの脳タイプの傾向と対策がわかって、あなたに合う対策をきちんととれば、効率的に仕事パフォーマンスをあげられるのです。その分析に特化した高精度・遺伝子検査プログラムのご提供をいたします。

こんなこと、ありませんか?

■部下に言えないストレスは仕方ない。
■平日は切り盛りして週末はぐったり。
■昔なら一晩でかけた企画書を書くのが億劫になった。
■最近、見落としや凡ミスが増えたけど、年のせいか…
■自分にとって都合のよいスタッフを採用してしまうが、それでいいのか?
■未曾有の変化の時代に、対応できる体制を整えたい。
■具体的で効果的なストレス対策の方法を知りたい。

私の仕事仲間やクライアントさんから、非常によく聞くお声です。コロナ禍が長引いていること、それに伴い社会が目をみはる勢いで変化していることも含めて、あらゆる環境にフレキシブルに対応して、持続可能な人生・ビジネスを伸ばすために。一過性でも流行でもない「ウェルネスを維持するための具体的なストレス対策」のご相談が増えました。

同じような課題を抱えながら、なかなか具体的な対策ができていない方へ、こちらでは、それを解決していく方法をお伝えしていこうと思います。どうぞ、このまま続きをお読みください。

「不調」になった時、あなたは、どうしますか?

コロナ禍から社会が大きく変動していることに対応して、大きくビジネス転換・ライフ転換をはかり、未来に向けてどんどん動いている方も多いことでしょう。

しかし、一方で、優秀な方ほど、健康を崩されてるケースが大変、多いです。健康と言っても、最初はちょっとした不調のことがほとんどです。肩が凝る、腰痛、頭痛、ボーッとする、疲れやすいなどなど。「よくあることだし、このくらいは仕方ない」と済まされていたり、だいたいが

「ちょっと塩分を控えよう」
「鍼・マッサージ・漢方で何とか乗り切ろう」
「運動でもするか」
「困ったら良い病院を紹介してもらえばいい」

で、終わらされてる方がほとんどです。
もしくは、何も自覚されなく、ある日、突然疾患に出る方もいらっしゃいます。

深刻な症状になる前にわかってたら…。
いや、でもわからないから、しょうがない….。

不調との付き合い方って難しいですよね。
そこで、あなたに質問です。

その「対処法」で思い通りに「不調」は解決しましたか?
もし、その「不調」が、あなたの脳パフォーマンスと関係があったら?
それにより、仕事や人間関係に、自覚してない支障が出ていたら?




あなたのやり方で、しっかりと不調・好調コントロールができているならば、この先は読む必要ありません。

しかし、もし、少し思い当たることがならば、『あなたの脳タイプの傾向と対策』を整理してマネジメントすることで、あなたは持続的に良い仕事をして、良い人生を送ることができます。仮にどんなに危機的な状況でも、心身が健康なあなたらば、いくらでも復興できることができるのではないでしょうか?

思い通りに不調・好調がコントロールできないのはなぜ?

理由は3つあります。

不調の要因は1つではない

人間の身体は色々な器官が関係しあって、機能しています。
不調の要因も、いろいろなことが重なり影響しあっていることがほとんどです。
高度に専門化した医療機関で、なかなか不調の理由が分からないということもあり得るのです。

見える部分でしか、判断できない

痛い箇所や自分で推測できる部分、つまり、表に現れている症状のみで解決方法を探ろうとしていませんか?
不調が引き起こされている元の部分が表に出ていなければ、どうでしょう?
不調の問題解決につながらないのは仕方ないですよね。

勘を頼りに対処法を試している

身体に良いとされている方法を、どんな基準で選んでいるでしょうか?
なんとなくの勘だけでは、自分にぴったりの方法に出会えないケースが多いものです。
方法が合わないだけではなく、自分に逆効果の方法であれば、状況の悪化を招くことになります。


どうでしょうか?
それに加えて、

手法として「加える」ことが増えていく
無駄なことを減らしていく基準がわからない

ということもよく拝見します。

経営者の方ですと、ジョギング、トレーニングなどの運動、ヨガや瞑想、セミナーでの勉強会など。
たくさんのインプット・アウトプットを精力的にこなすのが当たり前と言うイメージもありますが、それは本当でしょうか?

実は、遺伝子分析カウンセリングをさせていただいていると、その方にとって合わないバランスで仕事をやりすぎて、ストレスホルモンが過剰分泌して、脳疲労・脳老化・気分の不安定を引き起こしているケースも見かけます。

その活動は、あなたの脳の健康に合ってますか?
どんな基準で、それを選んでるんでしょうか?

正しく『自分の今の状態』を知ることだけが現実的な変化をもたらす

次の質問です。
あなたの『今の状態』は、何からできてると思いますか?
答えはこちらです。

どんな、優秀な人でも、素晴らしい経歴を持っていても、人ならみな共通してる構成要素がこちらの4つの柱です。

遺伝子情報

生まれ持った遺伝子情報は、身体の設計図。
遺伝子配列のほんのわずかの差が個性となって人間を形作っています。

考え方(もののとらえ方)

もののとらえ方は、いわば建築を進めていく建築家の思想です。
考え方によってどんな選択をしていくか、建物の出来上がりに大きく影響します 。

食事

建物で例えるならば、建材となるのが食事。どのような建物が出来上がるか、設計図にあった材料なのか?
カラダを構成する材料として、食事は重要なファクターとなります。

生活習慣

同じ設計図を元にした建物でも、それが置かれる環境によりメンテナンス状態は大きく変わっていきます。 設計図にあわせて環境を整えていくことで、長く良い状態を保つことが可能となります。

遺伝子情報を知る=自分の設計図を知る』ことで、可能になること

中でも、遺伝子は「カラダの設計図」として、全ての根幹になる情報です。
なぜなら、この設計図に沿って、残りの3つの柱(考え方・食事・生活習慣)が成り立ってるか?が、あなたの脳パフォーマンス=仕事パフォーマンスを決めています。

仮に、

遺伝子情報(設計図)がない状態だと、どうなのか?

考えてみましょう。

①食事、②生活習慣、③考え方 の改善について、色々な提案される方法から、 自分に合いそうなものを予測して実践

になってしまいませんか?

では、遺伝子情報を知るために「遺伝子検査」を取り入れると・・・?

考えてみましょう。

あなたの設計図と現状との比較ができます。

それにより、遺伝子の設計図との比較から、他の3つの柱を少しずつ変えていくことができます。具体的には、こんなステップが可能になります。

STEP
自分の「強みと弱み」に沿って、自分も分からない「うまくいきにくい真因(不調や悩み・将来的に出る可能性が高いリスク)」を探る

STEP
科学的な予測のものとに、必要なこと・やらなくていいことを整理

STEP
必要な食・生活習慣を対策。

STEP
不調の最適化・リスク回避につながる

遺伝子は、単なる「情報」ではありません。
あなたのビジネスとあなたのスキルを活かすための「設計図」です。

それを活かした食・生活習慣に変えると、自然に考え方も変わることも期待できます。俯瞰して状況を洞察・判断する力が増すことで、ビジネスの結実が数倍になるケースも多々あります。そのために、健康科学の教科書を勉強する必要はありませんし、大富豪の考え方も学ぶ必要もありません。知ったものを活かすのに修練も必要ありません。

ただ、食とちょっとした生活習慣の変更だけです。
勘の良いビジネス・リーダーの方でしたら、どんなサポートが自分には必要かチームビルディングや会社組織づくりに活かすこともできます。これらが土台になって、すでに持っている資源・今まで培ってきたスキルが、バランスよく活かされる未来を、あなたのカラダが生み出せるようになります。

あなた自身が、その根拠となる遺伝子検査を見ることができるため、意義あるポイントに絞り、効率よく取り組むことができます。しかし、そのように活用できる遺伝子分析は、悩みの真因に迫れるかどうかにかかってます。様々な遺伝子検査を受けたことがある方もいると思います。下記が押さえてれていたかをチェックしてください。

直接的な遺伝子リスクを複合的に探れる検査か?
関連する遺伝子リスク・相互のつながりを探れるようになっている検査か

神経伝達・ホルモン分泌によって、思考・感情・行動が起こる

1つ事例をご紹介します。

40代・男性の経営者のYさんは、会社のスタッフにも言えないストレスが多々ありました。資金繰り、そのための売上ノルマ、得意先への接待。言いたいことはあるけれども、売上が欲しいから我慢することも多々ありました。これだけ頑張っていたのに、ある日スタッフの使い込みが判明しました。

その辺りから、自分でもストレスを自覚するように。今まで風邪を引いたこともほとんどなく、毎日ジムでトレーニングをしてるから健康だと思っていたのに、風邪やインフルエンザにかかりやすくなりました。免疫をあげるには「●●を食べるといい」「ビタミン*をとるといい」など、経営者仲間からもたくさんのアドバイスが合って試してましたが、何が効いてるのか、効いてないのかよくわからない状況でした。まあ、でもこれくらい仕事をしてたら仕方がない、と割り切ってました。

共通の知人からご紹介いただいて、「ストレス対策をして脳管理ができるなら」と、弊社で提供している遺伝子分析プログラムから『ブレーン・ヘルス & ストレス・マネジメント』を受けていただくことになりました。4週間後に出た結果は、Yさんにとっては驚きの内容でした。

ストレスに関する6つの項目のうち、全てに満遍なくリスクがあったのです。
項目はこちらです。検査では、これらに直接・関連相互のつながりがある遺伝子を複合的に調べます。

・ 疲労回復・リセット
・ 脳老化
・ 自律神経バランス
・ 安定感・継続力
・ モチベーション・状況判断力 ・ 集中力
・ 認知・ひらめき

これまで健康バランスを崩したことの理由が、すべて遺伝子リスクの傾向に出ていました。

Yさんは眠っても回復がしにくい体質。おまけに、ストレスがかかると血糖値コントロールとインシュリン分泌に難が出やすいリスクがあったのに、以前は毎晩のように会食と飲酒。睡眠時間も短い日々。
血糖値は、自律神経や遺伝子修復の働きもあるのです。ただでさえ一度疲れてしまうととれない性質なのに、仕事のための会食で、さらに回復できない負債を自ら負ってたのです。これが免疫を落としていました。

Yさんの場合は、疲れが脳疲労ではなくカラダにでるタイプでした。
つまり、脳の血流・神経伝達が悪くなるのです。すると、細かいことを考えたり判断することに、大量のエネルギーがかかり、それ自体がストレスになります。

加えて、もともと脳の神経細胞もつくられにくく、記憶・思考・判断に必要な血流にもリスクがありました。
それを、持ち前のスキルの高さでカバーしていたのですから、もともとリスクが派生しやすい分野に、よりによって尋常ではない負荷をかけまくっていたのです。

ご自身が結果を見た第一印象は、「このままだと、気づかないうちに50代でアルツハイマーになるな。ヤバイ」でした。

実はYさんは自分で豪胆だと思っていました。
というのも、常に「で、結論は?」が口癖。
途中の細かいプロセスには興味がないので、決断が早いのだと自負していたのです。
逆に、そういう部分をつめるスタッフが面倒くさいと思って遠ざけていましたが、彼らからはそこを批判されていることも自覚してました。
遺伝子検査が示していたのは、それは「認知判断にリスクがあるから、詳細を把握しきれない」ということでした。

わかってしまえば、解決策は、シンプルです。
カラダの内側の性質のせいで起こっていた現象から、理由と対策を整理して、未来のリスクを未然に防げば良いだけですから。


— 休みの日は、温泉やレジャーよりも、長時間しっかり眠る
— 会食で食べるものを選び、お酒は控える(細かい工夫・アドバイスをお伝えしました)
— 毎日のトレーニングの内容・量を、脳に良いバランスに修正(やりすぎ注意)
— 神経細胞を生成する食+サプリでサポート
— 自分は仕事をとることに専念して、マネジメント・実施運営ができるサポートスタッフを常に置く
— 脳活性化と記憶のために手書きのメモを活用する

など。

Yさんには、ひきつづき、体質改善を実行していただいてます。
体質改善から1週間後、こんな報告をいたただきました。

「いつも平日追い立てるように追い込まれて、死んだように寝てた土日に、余裕ができました。ゆっくり寝るなんて優秀じゃないのでは?と罪悪感があったけど、自分の脳管理だと思って思いっきり寝ることができたら、スッキリするようになりました。

細かいことを言われるので面倒臭い!と遠ざけてたスタッフも、長い目で見た自分の仕事や会社にとっては、最も切っちゃいけない必要な人材だったと見直せてよかったです。彼・彼女らと役割分担をするようになって、仕事のスピード感が上がって、後回しにしてた新しいプロジェクト提案も進みそうです」

おちついてお礼を述べるYさんには、精力的に見せていた時と異なるカリスマ感がありました。

ご紹介いただいた方から、「本人にも言いましたが、Yさんはできる人だけど、人使いが粗かった。自分でわかってないことに対して結果だけ見て注文することが多く、提携してる会社や会社のスタッフも黙って離れる人が多かった。体質改善を始めてから、落ち着いて傾聴するようになったし、できないことをサポートする人に対しての尊敬と感謝が出てきて、チーム形成と仕事の結果に、大きな違いが出てるように感じます」というお話もいただきました。

遺伝子分析によってあなたの脳タイプの傾向と対策を知った人たちが、そろって言うのは「曖昧・不安だった健康・仕事の解決策の糸口が見えた」と言うことです。ケーススタディは随時アップデートしてます。
こちらからご覧ください>

それでは、具体的なプログラムをご紹介します。


ピュールラボ遺伝子分析

〈のべ15万人のカウンセリング・ケーススタディ〉と〈科学的文献〉に基づきAIが解き明かす「あなただけに向けたアドバイス」


☑️ 現代人の悩みに応える6つのプログラム
☑️包括的な分析・アドバイス
☑️高精度遺伝子検査

みなさんが一番知りたいのは、「なぜ、今の不調が起こるのか?」と「どうしたら解決できるのか?」ではないでしょうか。

ピュールラボ遺伝子分析では、のべ〈15万人のカウンセリング・ケーススタディ〉と〈科学的文献〉に基づきAIによる包括的な分析を実現しました。それにより悩みを引き起こす❶直接的な要因 ❷かくれ要因 を探り、あなたにもっとも効果的な

●今起こってる不調の「なぜ」をひも解き
●具体的に「どうしたら最適化されるのか」「美容健康を維持できるか」

を具体的に設計できるようにアドバイスします。体調管理ができている方は、遺伝子リスクとライフスタイルの関係を分析することで、「必要な情報」「最適な方法」を選択し、美容や健康面を向上させていくことに役立ちます。


あなたには、どのプログラムが合っている?チェックシートをみる>

通常の遺伝子検査はキット販売と結果のみ、あるいは結果説明があったとして15分程度ですが、ピュールラボ遺伝子分析では結果レポートをPDFファイルでお渡しした上に、横断的に読み込めて具体的な対策が取れるように、60分のご報告とカウンセリング・セッションでサポートいたします。

一般的な遺伝子検査の活用法についての情報提供とご相談を無料で承ってます。
プログラムについてお伺いしたい方もどうぞ。お申し込み有無は、一切強要しませんのでお気軽にご利用ください。

遺伝子検査をご活用いただくために、無料相談を承った方に限って、プログラムお申込みをお受付しています。
お申し込みから検査の流れはこちら>

※ 価格のみのお問合せ・検査キットのみの販売はお答えできませんので、ご理解ください。
※ 弊社は、総販売元・運営:ピュールスタイル株式会社との提携で、正規代理店 & 販売店としてプログラムをご提供しております。

KAFUN株式会社では、あなたのよい脳マネジメント・よい仕事をサポートする【高精度・遺伝子分析】ピュールラボ遺伝子分析 をご提供。正規代理店として

■販売を希望する(企業・個人事業者へ):ディストリビューションとプログラム販売コンサルテーション
■プログラムを受けたい(企業・経営者・自営業・個人の方へ):プログラム販売およびカウンセリング・サポート
をおこなっています。

▼こんな方におすすめです。

―脳マネジメントをして、持続可能な仕事・人生を伸ばしたい方
・健康上で達成したい目的がある。
・仕事・運動・ライフスタイルを最適化したい。
・自分に必要な食・サプリを知りたい。
・具体的なストレス対策をしたい。
・自分に必要な運動・トレーニングを知りたい。
・自分に必要な睡眠スタイルを知りたい。
・自分に必要なウェイトロス法に絞りたい。
・隠れリスクを把握して対策したい。
・全身機能をたかめたい。
・持続的な観点から仕事・運動・ライフスタイルの質をあげたい。
・自分のカラダに最適化した情報を整理したい。

あなたには、どのプログラムが合っている?チェックシートをみる>

▼このプログラムであなたが得られること

【プログラム前】

❶いろいろな方法でストレス対策
❷カラダの中のことは今いちわからない
❸年々、仕事のパフォーマンスが落ちるのは仕方がないのか?
❹健康について部分的な知識・情報
❺健康より仕事がさき回し
❻不況や社会変化への対応ができる武器が欲しい
❼家族の健康を守りたい

【プログラムを受けるとこうなります】

❶自分がとるべきストレス対策の基準と対策がわかる
❷自分のカラダの仕組みがわかり管理できる
❸脳マネジメントで仕事のパフォーマンスをあげられる
❹包括的で役に立つ健康の知識が得られる
❺自分の健康を守り持続的な仕事・人生を伸ばせる
❻健康管理が、不況や社会変化の武器となる
❼家族の健康につながる情報提供ができる

▼メリット

プログラム後には、あなたのあなたの脳タイプの傾向と対策から脳・ストレスの仕組みがシンプルに見えるようになり、これまでの体調・仕事の傾向の理由と、そこに対してとるべき対策が取りやすくなることでしょう。またとった対策に対してどのように最適化されたのか・されなかったのか。因果関係もかんたんに推測できるので、積み上げも修正も楽になります。

ストレス・コントロールが楽になる=仕事や人生のコントロールが楽になる
不具合が起きる前に、何を対策したらいいかわかって積み上げられる
とった対策に対する最適化の状態、因果関係が推測しやすくなる
フィードバックから、対策の修正・積み上げが楽になる
変化する状況・情報に対して冷静に判断できるようになる
世の中の健康情報や売り込みに惑わされなくなる
具体的な食・生活習慣によりカラダのパフォーマンスの向上が期待できる
仕事・人生 全体の視野が広がる
未来予測がしやすくなる

プログラムの内容についてご相談を無料で承ってます。
お申し込み有無は、一切強要しませんのでお気軽にご利用ください。

遺伝子検査をご活用いただくために、無料相談を承った方に限って、プログラムお申込みをお受付しています。
お申し込みから検査の流れはこちら>

※ 価格のみのお問合せ・検査キットのみの販売はお答えできませんので、ご理解ください。
※ 弊社は、総販売元・運営:ピュールスタイル株式会社との提携で、正規代理店 & 販売店としてプログラムをご提供しております。

KAFUN株式会社では、あなたのよい脳マネジメント・よい仕事をサポートする【高精度・遺伝子分析】ピュールラボ遺伝子分析 をご提供。正規代理店として

■販売を希望する(企業・個人事業者へ):ディストリビューションとプログラム販売コンサルテーション
■プログラムを受けたい(企業・経営者・自営業・個人の方へ):プログラム販売およびカウンセリング・サポート
をおこなっています。


私どもが、なぜ遺伝子分析プログラムを扱っているかはこちらから>
未来のカラダに役立てるために。ご活用ください。

営業時間

水: 定休日
木~火: 11時00分~18時30分

場所

東京都港区南青山4-20-20-302

お問合せ

(03) 4405-4716
umezawa@kafun.jp

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。