Skip to content

広報

「強み」から収益性を高めるビジネスサイクルにマッチする広報をおこない、企業の利益を最大限に高めるご支援です。


(活用機会)

  • 利益に貢献するPRラインを創る


広報 支援 前

■ PR施策の意思決定の基準が曖昧。結果的に無駄なコストが上がり、機会損失に。

  • PRを行なっているが、正しい顧客につながって正しい成果が出ているか不明。
  • PR体制が整っていない。
  • 必要を感じた時にPR。単発の成果で捉えている。
  • 第三者メディアを利用できていない。
  • ターゲットオーディエンスに響く、ロジックが整理できていない。
  • プレゼンテーションの効果を、収益性を高めるサイクルの中で高めたい。

広報支援を行うと、こうなります。

■ PRにおける機会損失をリセット。収益性を高めるモデルから逆算したPRが可能。

  • 収益性を高めるサイクルの中で、正しい顧客につながり効果をあげられるPRが可能。
  • PR体制を、効率的に仕組み化できる。
  • 利益とブランド力を高めて、後からも効いてくるPR戦略から手を売っていける。
  • 第三者メディアを利用できる。
  • ターゲットオーディエンスに響くロジックを整理して、伝わりやすいツールに反映できる。
  • プレゼンテーションの効果を、収益性を高めるサイクルの中で高められる。

 

スポットのご要望から、承ります。あなたの会社が着手できてない領域から、収益性を高めるロジックに転換する広報プロジェクトをカスタマイズしてご提案します。


メニュー

【PR代行とアーカイブ化】
● PR戦略コンサルテーション
● PR代行
● アーカイブのガイドライン運営

【プレゼンテーション】
● プレゼンテーション戦略
● コンサルテーション
● プレゼンテーション代行
営業商談(コンペ・プレスリリース・
会社説明会・会社案内・講演セミナー)

【広報ツール企画制作・運営】
● プレスリリース
● 営業資料
● 商品サービス案内パンフレット
● 広報コンテンツ(紙・ネット)
● プロモーションサイト
● 広報誌


 サービスに関するお問合せ


参照記事

①中からだと、収益性をあげるロジックに気づけない。
②ミスマッチが起きている。
③来ている顧客は、正しいか?
④統合化を行うと、収益性が高まる。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。