Skip to content

タグ一貫性

全体の流れとしてロジックが一貫してる=選ばれる。- freeeがLINE・三菱UFJ銀行などから65億円の追加増資

スクリーンショット 2018-08-08 18.14.29

freeeが65億円の追加増資、LINE・三菱UFJ銀行と連携強化
記事を読む Via: Tech Crunch2018.8.6

中小企業の経営やスモールビジネスに関わる方なら、必ず目にしたことがあるであろうクラウド会計ソフト「 freee」。特に、近年開業した方は、導入してる方も多いのでは?

かくいう弊社も、freeeでバックオフィス業務を効率化しています。

freeeにより、スモールビジネスは本当にラクで管理しやすくなったと思います。これさえあれば、創業〜税理士探し〜会計〜総務まで、創業期は1人で出来てしまいます。

freeeは、ビジネス・フローとブランディングの成功ロジックが一貫してる企業・ビジネスの1つだと思います。

スモールビジネスで創業者が設立業務を行う場合、ふつう「会社設立」で検索を行うと思いますこのワードで検索すると、freeeがブランドとして一人勝ちです。

Googleで、3位以内にはヒットするのがfreee。freeeを知らない人がいたとしても、

・サイトを見る
・客観検索する

ことだけで、オーディエンス側が「信頼できる会社そう」と判断できる材料がそろってます。

スクリーンショット 2018-08-08 18.15.58

これは検索した時の広告エリア。説明文の違いに注目。

freeeは、「会社設立」で検索したオーディエンス側が知りたいことを伝えてる+そこに企業側の一貫したビジネスロジックが土台になってます。正しい顧客に、正しい伝え方をしている。(マッチしている)

freee以外の検索結果を見ると、「企業側が伝えたいこと」を訴求してる。(ミスマッチ)

大きな違いがあります。

参照→来ている顧客は正しいか?

スクリーンショット 2018-08-08 18.19.42

これは広告以外のエリア。上と同じことが言えます。会社設立をしようと思っている人がまずどこをクリックするかは、一瞬で決まると思います。

おそらく、freeeは「起業」検索で探してくるオーディエンスは捨てていて(「起業」で検索する人は多様なニーズがあるから)、「会社設立」に絞ってブランド化を行ってる可能性が高いと思われます。

検索した先のフローも、滑らか。

freeeの言う通りに実行すれば、確実に設立手続きできることが、知らない人でもすぐわかって、流れるように自然にできるフローになっています。

会社設する時って、大体みんな急いでる。だから、自社の差別化アピールとか宣伝とか、読んで検討する時間とかできればはしょりたいんですよね。でも会社設立に関することだけに、信頼できる確実な機関かどうかは重要です。

freeeの場合は、検索の時点で信頼問題はクリアしてるから、アピールは不要。ユーザーにとって必要な情報とステップがどんどん出てくることで、もっとも面倒で早く確実に済ませたい手続きサポートをしてくれる。そして、それを的確にサポートすること自体が、むしろ、さらなる信頼形成になっています。

最終的には、freeeの会計や総務のパッケージに申し込むのが、オーディエンス側にメリットがあるという自然な結論にいたるという流れになってます。

全体の流れとしてロジックが一貫してる=選ばれる。です。

参照→統合化を行うと、収益性が高まるのは何故か?

とはいえ、会社設立の数は、限られてますよね。社会情勢によって減るかもしれないですし。

中小企業のクライアントが多い税理士・会計士に聞くところでは、freeeを扱う経理・会計・税理士も少ないそうです。それもあり、近年設立した企業以外では、まだまだfreeeを導入している企業は「少ない」そう。(他競合との割合の話ですので、一概にこれでは結果はわかりません。割合が少なくても事業はうまくいってる可能性があるから。)

バックオフィスは、一番変化が遅い(変化を嫌う)部署ですよね。システム入れ替えるのは大変だと思われてますし、税理士側も企業側も新しいスキルや知識を使わなくてはいけない状況になると自分の価値が下がると思ってる節もあるから。

この業界の「当たり前」を逆手にとって、水面下のニーズを形にして躍進して来たfreeeのビジネスが、今後どう立体構造として展開するかに注目してウォッチしたいと思います。

梅澤さやか
株式会社KAFUN 代表取締役


ふつうの感覚や気持ちを大事にデザインする – 10 柿木原政広さんの記事

39_2

10 (テン)代表・アートディレクターの柿木原 正宏さんが、ご自身のFacebookで「最近気になっていた、レベルアップという言葉に対する違和感について書いてみました。」とアップされてました。

計算できる何かより、ふつうの感覚や気持ちを大事にデザインする — 10 柿木原政広

Via: AdverTims

1分で読める凝縮された記事で、とても等身大のシンプルな言葉で分かりやすい。それでいて、すごくビジネスの本質をついた奥行きのある内容でした。(こういうところにも、柿木原さんのデザイナーとしての素晴らしい資質が出ていると思います。)

柿木原さんはデザイナーという立場から、「仕事をする際に、どこに焦点をあてるかで、仕事の奥行きやスケールが変わり、結果が変わる」という普遍的だけど、けっこう見逃されてる事実をシェアしてくださってると思います。

柿木原さんの場合は「自分がレベルアップしたい」に焦点をあてるのではないそうです。

自分はデザイナーである、として、「デザイナーはデザインを通じて、人と人との気持ちをつなげたり、いい気持ち、新しい気持ちになってもらうことを目指すのが仕事」と定義しながら、「僕はふつうの人の気持ちや感覚を持っていることを大事にしたいし、ずっとその場所で生活して、感じて、デザインしたい。」と、率直にどうありたいかを書いていらっしゃいます。

だから、「仕事するときはそのためには、すぐにお金になりそうなこと、結果を出せそうなことに飛びつかない慎み深さというか、慎重さが大切になります。目の前にいる人の気持ちを考えながら、すぐ数字になることではなくて、将来いっしょに心から気持ちいい時間を過ごせるような仕事を考える。」

焦点を当ててるところが、「自分が名を馳せたい」「すごいと言ってもらいたい」ではなく、仕事をする自分も相手もその先のオーディエンスも含んだ「空間」(=気持ちいい時間を過ごせるような仕事を考える)。

頭での理想ではなく、これがシンプルに徹底してるから、柿木原さんは、グラフィックデザインを通して、ものすごく広い視野で、ビジネスや顧客体験の設計ができるんだなあ、と思いました。

実は、私がYCAM20周年事業のPR支援をさせていただいた時に、柿木原さんがADで入られていて、ご一緒させてただいた経験があります。その時、差し出がましいながら、10(テン)さんのロゴとVI設計には、ロジックとビジュアル力の両方が10点満点(正に会社名通り!)あってすごいな。と思いました。

柿木原さんの記事を読んで、お仕事を身近で拝見した体験があるだけに、深く納得しました。そして、柿木原さんに肩を並べようなんてまったく思っていませんし、表現は違いますが、私がブランド価値と収益性を高めるロジック(統合化)として、ご提案していることと同じだ!と思い、嬉しかったです。

参照→④統合化を行うと、収益性が高まるのは何故か?

柿木原さんは、ロジック、ビジュアルと揃ったところに、お金に関する考え方や人間関係の構築など、人格においても健全で信頼できる方ですが、これはビジネスしてると意外とすごく少ないです。でも、ちゃんと存在してます。人格が優れているまでいかなくとも、ごく一般的な配慮や関係づくりができる人材いる会社や事業が上手くいくのは、意外とその辺だけでもしっかりできる人材が少ないという理由かと思います。話ずれましたけど。

私も、精進します!

梅澤さやか
株式会社KAFUN 代表取締役


ロジックと美は1つ – メットガラ ドレスをまとった美術館

180802_mt

友達に薦められて、【メットガラ ドレスをまとった美術館】をみました。

AmazonのPrime Videoで鑑賞できます。

 

感動しました。

1年に1度、ニューヨークのメトロポリタン美術館(メット)で開催される、世界最大のファッショイベント & 展示『メットガラ』のドキュメンタリーです。

このイベントの目的は、服飾部門の資金調達。それを担うのが、メットの理事にも就任しているUS VOGUEの編集長、アンナ・ウィンター。

彼女が就任してからの資金調達は、なんと1億2000万ドル超。

は…?!まじか。
どんな仕事ぶりだろう…?と興味が出ません?

アナの元アシスタントが書いた『プラダを着た悪魔』の鬼編集長モデルにもなった(と言われている)アナですが、もう、現場での彼女の仕事ぶり、決断の的確さ、速さに舌を巻きました。

さらに驚いたのは、アナが大きなことから細かいことまで、全てを完璧に仕切ってること。

ガラの企画、空間デザイン、招待者の数、セレクト、席順(これが一番大仕事)、テーブルセッティング、そして、通常のパフォーマーの2倍のギャラで予算割れだったリアーナのギャラの交渉まで。

これまで大規模の展覧会に対して、いつも以上の短い準備期間で、イベント当日までてんやわんやの現場。ガラの日に招待客のセレブを前にパフォーマンスを行うリアーナのリハーサルが営業日になってしまう。リハーサルをすると、神殿を閉めなくちゃいけない。それは無理。ということで、反対する美術館スタッフにアナ様が一言。

アナ「神殿を閉めてください。もしリハーサルしなければ、スタッフが3日3晩、徹夜になってしまう。リハーサルなしはあり得ない。」

美術館スタッフ「でも、ビジターがくるのに」

アナ「彼らは、またくればいい」(ピシャリ)

すごく冷静に、スタッフを守り、メットのためのミッションを貫いた。かっちょいー。

彼女は、メットのために資金調達でこの仕事をしてるわけだから、何を優先するかが明確なんですね。凍った冬の女王、なんて言われますが、彼女はすごく視野が広い人なんですね。

そして、プロジェクトとチームのためのミッションとロジック、美学も明確。

(別の場面では、「神殿には装飾はいらない。わざとらしくなるから。その青い花はいいわ。でも、それ以外の花はやりすぎね。青にあわせるなら、淡い色が映えるから、それにしてください」・・・以上1分でディレクション終了。はやっ)

彼女が、このプロジェクトにおいて、これだけの情熱を注ぐ、その相手は「服飾カルチャー」。アナが、このミッションを完遂するためにバックアップしてる人物が、当時キュレーターだったアンドリュー・ボルトン。

また、このアンドリューさんが、80年代にニューロマンティクスに魅せられた少年のまんま、ピュアに「ファッション」が広げる世界と自由が好き!という感じで、とても可愛いんです。

中でも、パリのイヴ・サンローラン財団で、アーカイブを見せてもらってる時に「あの作品はありますか?観たい!」と、目をキラキラさせて「わー… 夢がかなった…」と話す姿が印象的でした。

私もこれまで様々な形でファッションとカルチャーに関わってきましたし、個人的もたくさんの服飾文化をみて触れてきたほうだと思いますが、考えていたことを遥かに超えて、いかに「服」が多くのことを伝え、表現しているかが、このドキュメンタリーを通じて、痺れるほどに伝わってきました。

服は、単なるトレンドにあらず。

人と環境の間をつなぐ神経網のように情報伝達をしているし、間である「服」そのものが、人と環境に変化を及ぼす影響も与えうるくらいの力を持ってることを、初めて、とてもリアルに、認識しました。

このドキュメンタリーは、映像で服飾のそのものの美しさをとらえ、さらに、アナを含め服飾の魅力を知る人たちがいかにそれを表現しようかと心血を注ぐ姿をとらえ。その全てを通して、服飾が私たちの生命の息吹をあらわしてることを証明している。

数字やロジックを見る人は美を否定し、美を尊ぶ人は数字やロジックを否定します。しかし、どっちかに偏るものは、もう感動を呼ばない。本当は両方とも1つなんだよ。

それは生命だ。

ビジネスは生命のひとつの形態でもあり、また、生命を思ってもみない飛躍に導く手段でもあると思いました。それが感動を引き起こす。

今日は、すごいインスピレーションを受けたので、なんだか語り気味です。

梅澤さやか
株式会社KAFUN代表取締役


 

ナポレオンの広報戦略

180730_1

かつて、肖像画を通じて、強力な広報活動をおこなった人がいました。

フランス革命後の混乱後、類まれなリーダーシップと指揮力で各地の戦争に勝利し、1804年、フランス皇帝にま上り詰めたナポレオン・ボナパルトです。

ナポレオンは、当時、フランス革命のスピリットであった「自由」を体現した人物として英雄視されており、ヘーゲルがナポレオンを「世界精神」と見立てて絶賛していたり、ベートーヴェンの交響曲のインスピレーションとなったことでも有名です。

ナポレオンは戦争と政治だけでなく、広報の戦略にも長けており、自身のビジョンのためにイメージを自在に拡散していました。それは、描かれている肖像画によって、「顔」がまったく違うことでわかります。

明らかに、肖像画を描かせたナポレオン側に広報戦略があったのですね。

もっともそれを示しているのが、皇帝に即位したナポレオンの肖像群です。

宮殿や官公庁に設置するために、戴冠式の皇帝の肖像画や彫像が、もりもり制作されました。パブリシティです。

共通してるのが、皇帝しての理性的な顔つきと、絶対的な指導者としての吸引力。そして、それを裏付けるロジックとして、人民の理想を体現した「フランス」の正統な君主であることを示す象徴が散りばめられてること。

  • 月桂冠(古代ローマの皇帝を継承していることをアピール)
  • 白テンの毛皮とビロードのマント(歴代のフランス王室が使用)
  • マントの紋章はフランス最古の王朝とみなされるメロヴィング朝ゆかりのミツバチ(これまでフランス王家が使用してきたフルール・ド・リスではなし)
180730_n2
玉座のナポレオン1世
アングル画、1806年軍事博物館蔵)

この衣装を着用するのに、1時間かかったらしいです。儀式ですね。

まず、顔が正面であることに注目してください。正面の顔は「威厳」を感じさせる宗教画に多様されてきた表現です。

また、衣装は、ルイ14世も好んで王立レース工房を設立したというアランソンのレースの胸飾り、白のサテンでできた半長靴なども見事で、当時のフランス服飾、工芸の最高峰を集めたことをうかがわせる豪華さ。

また、胸に、レジオン・ドヌール勲章(現在でもフランスの最高勲章であり、ナポレオンが制定した栄典制度)をつけていることで、新しい制度をつくる主として権力の中心であることを示しています。

180730_n3
ダヴィッド『ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠

違う画家、ダヴィッドが描いた有名な絵画です。上と衣装同じです。これは、当時の奥さんだったジョゼフィーヌに自ら戴冠している図です。(そういえば、ナポレオンは婚姻も戦略的に用いた)

フランス革命を起こされた側のフランス・ブルボン王家において絶対王政の最盛を極めたルイ14世の肖像と比較すると、ナポレオンの戦略がより明確に見えてきます。

180730_n5.jpg
リゴー画、1701年ルーヴル美術館蔵)

ファンシー・・・。HIP-HOPのアーティスト並みに全身ブリンブリンですよね(笑)

そのポーズに白タイツ!!!!ルイ14世はメヌエットを最初に踊った人と言われてますが、今にも踊り出しそうです。私の友人は、「この格好で男子がデートにきたら、ひく」と言ってました。女性よりも華麗なのは確かですね。

そして、カツラです。ルイ14世は、40人のカツラ師を雇って、細かいTPOに合わせて作らせてたそうです。しかし、フランス革命以降「貴族」の象徴として市民から憎まれるようになった(カツラは貧しい人の髪から作ってたそうです。高価なもので貴族が権力誇示のためにかぶりました。)ので、ナポレオンは着用せず、ストイックな短髪で、ローマ時代の哲学者のようです。

ナポレオンの威光は、市民に希望をもたらす、将軍時代の精悍な英雄像から始まります。

180730_n1
ダヴィッドベルナール峠からアルプスを越えるボナパルト

どこから、どう見ても、神話の中の軍神。

それは、ナポレオンが皇帝に即位する前のことです。オスマントルコが支配していたエジプトの戦争に勝利後、ヨーロッパ諸国との戦争でフランスの形勢が悪くなり、フランスに戻ったナポレオンは民衆に熱狂的に迎えられました。

その勢いにのって、ブリュメールのクーデターを起こし、第一統領に就任。その後、北イタリアを攻めるための初の遠征で、オーストリア軍に勝利する契機となった奇襲作戦を行った際の様子を図像化した絵画です。

このように、ナポレオンは、彼の事業の中において、非常に上手に肖像を活用して広報活動をおこない、その中で、「英雄」→「軍神」→「皇帝」というイメージを確実に醸成してきました。

それは、単なるイメージ上の遊びではありません。相当、優秀なブレーンもいたのは間違いないですが、

・誰に対して(今でいうと顧客)何をもたらすことができるか(今でいうと商品・サービス)
・それはどのようなメリットを社会にもたらすか(今でいう顧客満足)
・強みが利益をもたらす領域(今でいう収益性)
・それをスムーズに運ぶには、どんな広報が有効で、何が無駄か。

他の人にはわからずとも、一貫性のあるロジックの中に広報活動をあてはめ、自分自身をブランド化し、さまざまな事業を行ったのでした。ナポレオンが行った事業の中には、有名な「ナポレオン法典」があります。これは近代市民社会における法の規範になっています。

色々な批判はできますけど、社会に対して個人の欲を超えたビジョンがあったから、自分を客観的に扱えたのだと思います。

 

このナポレオンの広報活動が外観できるのが、いま東京・国立新美術館で開催中の【ルーヴル美術館展 肖像芸術 ―人は人をどう表現してきたか】です。

ルーブル美術館は、ナポレオンが諸国に侵攻して美術品を剥奪し、コレクションを増やしきたわけですので、ナポレオンの頭の中を垣間見るのにも興味深い展覧会です。

過去のエジプトやシュメール、シリアなどの肖像に神性を宿らせた時代から、絶対王政の権力を華麗に表現した時代、近代ナポレオンのように「人」の個性と社会的なメッセージを運ぶようになるまでを網羅している肖像画の歴史は、広報の歴史とも言えるかもしれません。

 

【 ルーヴル美術館展 肖像芸術 ―人は人をどう表現してきたか 
■ 会期:
2018年5月30日(水)- 2018年9月3日(月) 毎週火曜日休館 ※ただし8/14(火)は開館
■ 開館時間:
10:00-18:00
※金・土曜日は、6月は20:00まで、7・8・9月は21:00まで
※入場は閉館時間の30分前まで
■ 会場:
国立新美術館 企画展示室1E
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
WEB
http://www.ntv.co.jp/louvre2018/

 

梅澤さやか
株式会社KAFUN代表取締役

言葉にならない感動を創れる理由 – 三つ星レストラン『カンテサンス』-

180323_qss1

本当に感動しました。11年連続ミシュラン三ツ星の御殿山『レストラン カンテサンス』でランチした時のことです。

シェフは、2006年オープン時は、若干33歳で、旋風を巻き起こした岸田周三さん。

上の写真は、レストランの名物でもある山羊のチーズに百合の根、オリーブオイル、お塩、さらにお皿に海水を散らす。という見慣れた素材を使いながら「こんなメニューあるんだ!?」という新奇な一皿です。

これが…

オリーブオイルをなめるだけで、至福…
チーズは山羊なのに癖なく、しゅわーっと舌で溶ける…

使われてる素材は質は高けれどすごくシンプル。なのに、組み合わさった時は、地球上で初めて食べた感覚で、「ああ…」と言葉にならない、感動があったのです。

レストランを出た後、ご一緒した全員が声を揃えて「美味しかったですね…」と幸せと余韻いっぱいで出た一言が、すべてを物語ってました。

レセプションです。インテリアも、軽やかですてき。

ところで、カンテサンスは、本来は、お料理のお写真をとれません。
上のお写真は、すみません。。。お友達が知らずに撮ったものをお店の方がお許しくださいました。

私も写真を撮ることが好きなのですが、1皿ごとに撮影会になってしまうと、ついそっちに頭がいってしまって、気が分散するんですよね。

ところが、潔く「写真は撮れない」ということになった瞬間、あちこちに散っていた全員の気持ちがスッと1つになった。

それも、厳かな感じではなく、しん、としながらも、くつろいで軽やかにな感じ。不思議な瞬間でした。

目の前の食卓を囲む仲間と、お料理と、その空間に、五感とこころに集中する設計なのだと思いますが、単に「写真を撮れません」という部分的な決まりごとではなく、レストラン全体の体験フローが、空間も、インテリアも、テーブルの位置も、光の指し方も、お料理も、運ばれ方も、そうやって人のこころが理想的な設計とバランスになってるんですね。

すると、自然に主役は席に着いたひとびと。その最も美しく豊かな時間をつむぐ真ん中に、最高に美味しい料理がある状態になりました。

エントランス

美味しいお店は世の中にたくさんありますが、お店の空間と雰囲気、サービス、お料理。
すべてがそのレストランに合ったやり方で、一貫して辻褄が合ってビジネスを紡いでる時、唯一無二の心に残る最高のレストランになります。

たとえば、私の中では、『カンテサンス』の存在は、印象派の描く色鮮やかな1枚の美しい絵があるような感じで、ここの記憶が抜きん出ています。比較される対象は他のレストランではなく、むしろ、お花見をした時の感動や、コンサートで良い音楽を聞いた時の感動に近い。

(比較されるものは、同業とは限らないのですよね)
参照記事→「その競合設定、間違ってない?」

3つ星のレストランって、形式張って敷居が高いイメージがありますし、サービスは厳かに粛々と、儀礼にそって…というイメージではないでしょうか?『カンテサンス』は、真逆。

サービス1つとっても、「おもてなしは丁寧に」という頭で、接遇マナーを部分的に取り入れても、ビジネス全体の設計にあってなければ、機能しません。

色々な国のお料理が、その風土にあった出汁をつかって、それに合う料理を生み出してきたように、

  • あなたの会社の出汁は何でしょう?
  • その出汁にあった料理は何でしょう?

そんな風に、あなたの会社に合った出汁から、商品・サービス・空間・コミュニケーション、顧客体験は、一貫して統合された設計と仕組みになっていますか?

参照記事→統合化を行うと、収益性が高まるのは何故か?

『カンテサンス』のサービスについて。

一番上のお料を出して頂いた時、一瞬、何が出て来たのか分からなくて、みんなで「え?卵?まさか?(O_O)」って口々に言ってたら、シェフ・ド・ランの方が、「はい!卵です!^^」って満面のスマイルでおっしゃるので「えーーー?!」って更にリアクションしてたら、冗談だったことが判明して、一同大笑いしました。

ここのサービスは、そのお料理やお店の雰囲気同様、とてもくつろいで軽やかなのでした。

【 レストラン カンテサンス 】
〒141-0001 品川区北品川6-7-29 ガーデンシティ品川 御殿山 1F
http://www.quintessence.jp/

 

梅澤さやか
株式会社KAFUN代表取締役

国家外交の最前線では、どのように賓客を「もてなす」体験設計をしているのか?- 迎賓館 和風別館 –

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

先日、猛暑36度の中、決行された月1の庭めぐりの会で、迎賓館 赤坂離宮の「和風別館」に伺いました。こういうところをじっくり巡れるのは、うれしいものです。

建築は、谷口吉郎。NYのMoMAGINZA SIXを手掛けた谷口 吉生のお父さんです。残念ながら、内部は写真撮影不可で、写真がありません。

特に、海外からの賓客を迎える際に、赤坂見付に近い東門から入って、そのままこの和風別館に切れ目なくすーっと入れる導線が、気持ち良い。

189715_10JPG
東門は、道路の外から見ることができます。

内外が連続するなめらかな体験設計が際立ってるのです。

たとえば、門から別館の扉までのアプローチが、中庭的つなぎになっており、その中に組み込まれつつ、要所に、季節を感じる盆栽を置かれた時の印象が計算されつくされてる点。

中に入ってからは、メインの和室広間から外をみやると、池が「縁」になって、庭の空間がさーっと平面的にひらける感覚になる。そして、庭の丘や道のすべてにふくよかなリズムがあり落ち着く点。

そして、体験しないとわからない素晴らしい点。選り抜きの素材が醸すアンビエンスです。重くも軽くもないニュートラルな空気密度。丁寧に磨き込まれながら、くつろげる空気感。美しかったです。じわじわ、うっとりしました。

顧客体験設計の参考になります。メディアやリアル店舗における体験のみならず、商品サービス全体における顧客体験価値を考える方は、予約して見る価値ありです。

180715_2180715_5180715_6180715_8

面白かったこと。

当たり前ではあるのですが、和風別館は靴を脱ぐようにできています。中は絨毯なのですが、ここにスリッパも履かずに入るのがデフォルトの日本文化の設定。昔は足袋だったんだもんね。

ところが、海外の来賓にとっては、靴を脱ぐ姿は見せてはならぬもの。前回トランプ米大統領が来た際は、靴を脱ぐところは写真撮影しないように。というお達しで、ガードが見えないように守り、それからスリッパに履き替えたそうです。

エリザベス女王の時も同じく、事前調査団がリサーチした時に、そこだけ唯一「どうしよう」ということになり、「検討します」と持ち帰ったとか。結果、エリザベス女王の足型が送られて来て、それを参考に西陣織のスリッパをお作りしたそうです。女王ももちろん、靴を脱ぐ姿はお隠しになって、履き替えられたそうです。

この「文脈の違い」を多様性として理解しながら、互いの接点を創造するのが現代のコミュニケーションデザインに求められてることだと思いました。この和風別館で興味深かったのが、日本建築がベースだけど、超多忙な賓客の接遇高機能を求められてるため、違う文化の訪問者がギャップを感じすぎることなく、その人自身でいられる想定がフレキシブルにできてることです。

いちばん奥にあって、会食を終えた後に賓客が急いで移動してくつろぐのが茶室も、来客に慣れない正座を強要するのではなく、椅子に座って外からお茶を劇場のようにみるようになっていました。

180715_1

最後に、個人的に感じた課題です。

こんなに滑らかにコンセプトと体験設計がされていながら、ところどころ、何故?が見えない思いつきのコメントを当時の首相が入れていることで変更がされてるんですよね。

たとえば、トランプ米大統領と安倍首相の有名な鯉の餌やりの場所。鯉もかつての首相の意見でいれられたそうです。しかし、そもそも、谷口は手前の水の鏡面効果を狙っていたし、これはとてもミニマルな美しさがあったはず。だから、水は浅くはられていた。これに「なぜ鯉がいない?」と鶴の一声で、鯉が入れられたそうです。(そして、最初は水が浅かったので、約50匹死んでしまったとか。)

鏡面効果は、部屋の中からだといまだにありますが、全体で効果がうすれるのは確か。一方、鯉は、鯉へのえさやりも含め、海外の賓客がよろこぶし、会話にもなるのも確か。

首相がどれだけ設計の意図・効果・実益を考えて発言するかとは限らないし、こういった意見があった時、運営側が真に受けて受け止めて取り入れる体制はブランンディングやる人間として、考えさせられます。

どんなに丁寧に対応したとしても「言われたことへの部分反応」に終わると、ミスマッチが大きくなっていってしまって、せっかくの一貫した接遇ロジック(相互利益になる接遇)と流れが失われるから、コメントについて、ちゃんとディスカッションする基準と仕組みがつくれることが大事だと感じました。企業でも同じですね。

関連→ミスマッチが、起きている。

受け継いできた文化をしがらみにすることなく、本質を受け継ぎ、そこから新たにしていく。これからの日本にも、企業にも大事なことに思います。

※ ネオバロック様式の本館も、見学してきました。ヴェルサイユやルーヴルに比べると恐ろしいほど軽やかです。日本的ネオバロックと感じました。「謁見の間」である朝日の間は、公開されてませんでした。残念!

 

梅澤さやか
株式会社KAFUN代表取締役