Skip to content

タグCI

ふつうの感覚や気持ちを大事にデザインする – 10 柿木原政広さんの記事

39_2

10 (テン)代表・アートディレクターの柿木原 正宏さんが、ご自身のFacebookで「最近気になっていた、レベルアップという言葉に対する違和感について書いてみました。」とアップされてました。

計算できる何かより、ふつうの感覚や気持ちを大事にデザインする — 10 柿木原政広

Via: AdverTims

1分で読める凝縮された記事で、とても等身大のシンプルな言葉で分かりやすい。それでいて、すごくビジネスの本質をついた奥行きのある内容でした。(こういうところにも、柿木原さんのデザイナーとしての素晴らしい資質が出ていると思います。)

柿木原さんはデザイナーという立場から、「仕事をする際に、どこに焦点をあてるかで、仕事の奥行きやスケールが変わり、結果が変わる」という普遍的だけど、けっこう見逃されてる事実をシェアしてくださってると思います。

柿木原さんの場合は「自分がレベルアップしたい」に焦点をあてるのではないそうです。

自分はデザイナーである、として、「デザイナーはデザインを通じて、人と人との気持ちをつなげたり、いい気持ち、新しい気持ちになってもらうことを目指すのが仕事」と定義しながら、「僕はふつうの人の気持ちや感覚を持っていることを大事にしたいし、ずっとその場所で生活して、感じて、デザインしたい。」と、率直にどうありたいかを書いていらっしゃいます。

だから、「仕事するときはそのためには、すぐにお金になりそうなこと、結果を出せそうなことに飛びつかない慎み深さというか、慎重さが大切になります。目の前にいる人の気持ちを考えながら、すぐ数字になることではなくて、将来いっしょに心から気持ちいい時間を過ごせるような仕事を考える。」

焦点を当ててるところが、「自分が名を馳せたい」「すごいと言ってもらいたい」ではなく、仕事をする自分も相手もその先のオーディエンスも含んだ「空間」(=気持ちいい時間を過ごせるような仕事を考える)。

頭での理想ではなく、これがシンプルに徹底してるから、柿木原さんは、グラフィックデザインを通して、ものすごく広い視野で、ビジネスや顧客体験の設計ができるんだなあ、と思いました。

実は、私がYCAM20周年事業のPR支援をさせていただいた時に、柿木原さんがADで入られていて、ご一緒させてただいた経験があります。その時、差し出がましいながら、10(テン)さんのロゴとVI設計には、ロジックとビジュアル力の両方が10点満点(正に会社名通り!)あってすごいな。と思いました。

柿木原さんの記事を読んで、お仕事を身近で拝見した体験があるだけに、深く納得しました。そして、柿木原さんに肩を並べようなんてまったく思っていませんし、表現は違いますが、私がブランド価値と収益性を高めるロジック(統合化)として、ご提案していることと同じだ!と思い、嬉しかったです。

参照→④統合化を行うと、収益性が高まるのは何故か?

柿木原さんは、ロジック、ビジュアルと揃ったところに、お金に関する考え方や人間関係の構築など、人格においても健全で信頼できる方ですが、これはビジネスしてると意外とすごく少ないです。でも、ちゃんと存在してます。人格が優れているまでいかなくとも、ごく一般的な配慮や関係づくりができる人材いる会社や事業が上手くいくのは、意外とその辺だけでもしっかりできる人材が少ないという理由かと思います。話ずれましたけど。

私も、精進します!

梅澤さやか
株式会社KAFUN 代表取締役


アップルのブランドが強いのは、ブランディングをしたからじゃない。(アップル、iPhone料金プラン契約見直し)

20

興味深いニュースでした。

アップル、iPhone料金プラン契約見直し 公取委指摘で
日経経済新聞(2018/7/11 13:40)

 

(抜粋)

公取委から指摘を受けたのはNTTドコモ、ソフトバンク、KDDI(au)の3社とそれぞれ結んでいる契約のうち、iPhoneを販売する際、仕入れ価格から一定の金額を値引くよう求めた条項。

 公取委はこの条項のため大手3社が自由に料金プランを設定できていないと判断したもようだ。独禁法は、こうした取引相手のビジネス手法を不当に縛る契約を結ぶ行為を「不公正な取引方法」として禁じている。

 問題とされた条項は端末代金の初期負担を抑えられるため、高額なiPhoneを入手したい消費者にとっては恩恵がある。日本でiPhoneが突出したシェアを誇る大きな要因ともなっている。

 一方、1つの端末を長期間利用する場合など利用者の多様なニーズに応えた料金プランの設定を阻んでいるとの指摘もあった。

(引用終了)

取締の内容は、ふつうに、納得ですね。

ブランディングを考え抜く時には、もう1つ視点が欲しい。

それ以前に、アップルが独占をすることで、消費者の自由を本当に奪ったか?(奪うだけだったか?)というと真逆。

なぜならば、消費者が高い値段を払っても欲しいと思うスマホを流通させ、そういったものを選べる自由を提供したから独占できた。これが最強のブランド化(利益を最大化するビジネスサイクル)。

CI(コーポレート・アイデンティティ)、XI(エクスペリエンス・アイデンティティ)、VI(ビジュアル・アイデンティティ)において、収益構造とビジネスの流れをおさえずに「ブランディング」を行うことは危険です。「ブランディング」は、顧客と社内スタッフ、投資家への「セールス」として機能していない時、失敗します。

なぜなら、収益性をあげる一貫したロジックとビジネス・サイクルが統合されていることがブランドの本質(付加価値)であり、専門家がつくった企業キャッチフレーズや、美しいロゴやビジュアルではないからです。

参照→【ブランディング

梅澤さやか
株式会社KAFUN代表取締役